北欧風やカントリー調も!デザインテイスト別キッチン収納術

北欧風やカントリー調も!デザインテイスト別キッチン収納術

あなたにとってキッチンで過ごす時間は、どんなひと時ですか?時間に追われてバタバタ、心に余裕がないという方も多いのではないでしょうか。毎日使うキッチンだからこそ、お気に入りの空間に仕上げ、少しでも楽しく料理や後片付けができたら良いですよね。今回は、好みのデザインテイストを実現できるキッチン収納術をご紹介します。

すっきり見せる「シンプル」キッチン

シンプルテイストを目指すなら、ごちゃごちゃとした生活感をできるだけ抑えることが大切。収納スペースを徹底活用して、目に見える場所のこまごまとしたモノをなくしていきましょう。

まずは、手持ちの調理道具や食器の無駄をなくすこと。定期的にモノの使用頻度をチェックし、あまり使わないものは思い切って処分を。収納スペースに余裕が生まれ、モノがあふれにくくなります。

シンク下・コンロ下ともにファイルボックスやラックを使って、出し入れしやすく収納しましょう。調理道具や食器の素材・色調を同じ種類で統一すると、洗練された印象に。レジ袋、ジッパーバッグ、キッチンペーパーなどの消耗品も、種類ごとに収納ボックスに入れて。ボックスに種類別にラベルを貼っておくと、一目で場所が把握できて便利です。

見える場所に置くことが多い洗剤類は、派手な色のパッケージが多いので、モノトーンの入れ物に移し替えると、出しっぱなしでも生活感が出にくくなります。

新規CTA

あたたかみのある「カントリー調」キッチン

やさしい木の質感、明るい雰囲気の白いタイル、鮮やかな色のハーブ類など、外国の映画に出てくるような「カントリー調」のキッチンに憧れる方も多いのではないでしょうか。カントリー調キッチンの醍醐味は、キッチンツールを自在にディスプレイ収納することにあります。単に“出しっ放し”ではなく、統一感を持たせながら “見せる”ことがポイントです。

活躍するのは、琺瑯の保存容器、木製バスケット、ガラスのポットなど、素材の特徴が楽しめる収納アイテム。サイズやデザインを揃えなくても、素材ごとに色合いを合わせると、きれいな空間に仕上がります。

キッチンの壁面にレンガや木目のリメイクシートを貼り付ければ、より温かみのある、統一感のある空間に仕上がります。

2018_CL_055_01


白を基調とした「北欧風」キッチン

北欧インテリアの基本は、白をベースにして、他の色みでアクセントを加えた空間です。収納は、整理整頓されたオープン棚を使って“見せる”収納に。フックなどでキッチンツールを吊るし、使い勝手と見た目を両立することも大切です。

収納スペースの中は、白ベースのトレー・容器・ファイルボックスで揃えて、すっきりとさせましょう。木製のバスケットは北欧デザインと相性が良いので、特におすすめ。コップやお茶碗など頻繁に利用するものはバスケットに入れ、北欧テイストの布やペーパーナプキンをかけて保存すると、おしゃれな雰囲気に。

見える場所に置くケトルやお鍋は、赤やオレンジ色などのアクセントカラーになるものを選ぶのもおすすめです。

pct-main02-2


まとめ

キッチン時間が楽しくなるちょっとした工夫をわが家にプラスしてみてはいかがでしょうか。見た目や使い勝手が変わることで、キッチン作業へのモチベーションも変化するはず。心豊かなキッチン時間を実現するためにも、「キッチン収納BOOK」でさらに詳しい収納術をチェックしてみてくださいね。

おすすめ記事

時短&ラク家事を叶える!ライフスタイル別キッチン収納
デッドスペースをつくらない!シンク下収納の徹底活用術

新規CTA
この記事のタグ

RECENT POST 最新記事


RECOMMEND おすすめタグ


リフォームの相談はこちら
リフォームの相談はこちら

Step1 事例を探す

Step3 初めてのリフォーム