キレイが続く!セラミックワークトップお手入れ方法!

キレイが続く!セラミックワークトップお手入れ方法!

キッチンのワークトップにはステンレス、人工大理石、セラミックなど様々な種類があります。せっかくの新しいキッチン、デザインはもちろん、お手入れのしやすさも重視したいですよね。
今回は2月にSTEDIA追加&CENTROにも新柄登場の大注目ワークトップセラミックのお手入れ方法をご紹介します。掃除のしやすさの観点からのキッチン選びにお役立てください。

セラミックワークトップの汚れの原因とは?

デクトンセラミック2

汚れに強いと言われているセミラックですが、まったく掃除が必要ないわけではありません。陶器の仲間であるセラミックは目に見えない無数の小さな穴があり、こぼれた調味料やカルキ汚れなどが染み込んでしまうのです。
陶器の茶渋を思い出してみてください。長期間放置した茶渋はなかなか落ちないですよね?
つまり、セラミックだからお手入れしなくて大丈夫とは言い切れないのです。日々のお手入れを大切にしてキレイを保ちましょう。

キレイを保つ!毎日のセラミックお手入れ方法

セラミックの汚れの原因である染み込みは、毎日の簡単なお手入れで防ぐことができます。「毎日なんて大変そう…」と思われるかもしれませんが、やることはたった2つだけ!

セラミック頑固お手入れ③
  • ①調味料のこぼれや食品カスが残らないよう、水拭きします。
  • ②最後にカラ拭きして、水道水中に含まれるカルキの堆積を予防します。
  •  

これだけで染み込み汚れを防ぐことができます。洗い物ついでにささっとカウンターをお手入れしちゃいましょう。

気になる頑固汚れのお掃除はどうする?

「調味料を思いっきりこぼしちゃったから普段のお手入れだけだと心配…」「大掃除だししっかり汚れを落としたい」そんなときはメラミンスポンジとクリームクレンザーをご用意ください。

セラミック頑固お手入れ① セラミック頑固お手入れ② セラミック毎日お手入れ①

 

  • ①まずは何もつけず、濡れたメラミンスポンジで軽くこすります。
  • ②それで落ちないときは、クリームクレンザーをメラミンスポンジに付けて軽くこすります。
  • ③最後に水拭きして洗剤をしっかり拭き取り、カラ拭きで仕上げます。

こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

クリナップのセラミックが選ばれる理由は「超高密度」

2020_ST_089_01_2-1

染み込み汚れが起きにくいセラミックを選ぶときには、ぜひ「密度」に注目してください。

クリナップのセラミック(コセンティーノ社のDEKTON)は、なんと東京タワー4本分に相当する25,000トンをかけて超圧縮しています。さらに最高1,200℃長さ200mの焼成釜で約3~4時間かけて焼成し、ほぼ穴のない超高密度を実現しています。

この「超高密度」が調味料やカルキの染み込み汚れを防いでくれます。

 


 

いかがでしたでしょうか?お手入れについては実際に使ってみないとわかりませんが、クリナップの全国のショールームでは、実際にセラミック素材を自分の目で見たり、手に取ったりすることができます。長く使う大切なキッチンですからぜひ一度ご覧になってください。

 

お近くのショールームを探す

 

この記事のタグ

RECENT POST 最新記事


RECOMMEND おすすめタグ


リフォームの相談はこちら
リフォームの相談はこちら

Step1 事例を探す

Step3 初めてのリフォーム