お気に入りの古きよき雰囲気はそのまま。庭向きの明るい対面キッチンへ

Yさま(東京都)

庭を眺められる、造作対面I型のレイアウト

Retail028_1_1-1

リフォーム時にYさまが思い描いていたキッチン像――その原点は、ご家族との思い出にあるようです。

「小さい頃、キッチンに立つ母のところに行って話をしたり、母の横に座って自分も工作をするなど、キッチンにはとてもいい印象が残っていたんです。その暖かい印象を大切にしたいと思い、リォームでは明るい雰囲気を意識しました」

Yさまの話す『明るい雰囲気』を実現させるための大きなポイントは、レイアウトにあるようです。

「以前はコの字型のレイアウトでしたが、リフォームでは庭向きのI型にしました。光も入りますし、外を眺めながらキッチンに立てるので、気分も明るくなります」

庭を眺められる、造作対面I型のレイアウト

壁向きのコの字型レイアウト(画像左)から、I型レイアウトに(画像右)。

扉やワークトップは、ご自宅全体の雰囲気に合わせて

Retail028_2_1-1

Retail028_2_2-1

キッチンの見た目に関しては、お部屋全体の統一感を重視したとYさまは言います。選ばれたのは、カーボンバーチの扉、アクリストンワークトップ(シュクルホワイト)、アクリストンシンク(モカ)です。

わたし自身古い雰囲気が好きで、自宅の建具などもレトロな風合いなので、統一感はとても意識しましたね。キッチンの扉カラーはリビングの床材に近いものを選んだり、キッチンの壁は以前からついていたタイルをそのまま活かしたり。こだわった甲斐もあり、リビングも含めて調和のとれた空間になりました。

白系のアクリストンワークトップにしたことで手元が明るくなりますし、アクリストンシンクのモカがアクセントになっていて、その点もとても気に入っています」

快適キッチンの必需品。ガスオーブンと食器洗い乾燥機

Retail028_3_before-1

Retail028_3_after-1

以前お使いだったのは、クリナップ製のガスオーブンつきコンロ。Yさまが入居されるはるか昔、マンションが建った当初のまま設置されていた43年もののコンロだったそうですが、壊れることなく快適に使えていたという安心感も、クリナップのキッチンをお選びになった理由のひとつだったよう。

「ガスオーブンは、グラタンなどのオーブン料理はもちろん、魚を焼いたりもできて便利でした。今回のガスオーブンでは、パンの発酵などもできるようなのでとっても楽しみです。また、オーブン機能だけでなく電子レンジ機能つきのものにしたので、家電製品がひとつ減らせてよかったと思います。

キッチン選びでは友人の意見も参考にしたのですが、なかでも特におすすめされたのが食洗機でした。節水ができるのもうれしいですし、なにより後片付けの時間が短くなると思うと気が楽になりますね」

ワークトップをすっきり見せるための収納計画

Retail028_4_1-1

Retail028_4_2-1

収納は、以前のキッチンでのお悩みを解決できるようにと考えられています。

「吊戸棚は脚立を使わず出し入れできるよう、ハンドムーブを選びました。調味料などのよく使うモノをここに収納して使うときだけ下げ、ワークトップ上はすっきりさせようと思っています。

キッチン右端の4段の引出しには、おたまなどの細々したものを収納する予定です。以前のキッチンは開き扉だったので、レードル類を使いやすく収納できず不便に感じていました。その悩みも、この引出しのおかげで解決できそうです」

Yさまのキッチンのような右端の引出しは、シンクの位置を少し中央にずらしたことによって設置が可能となっています。Yさまは30cm幅の引出しが設置できるようにシンク位置を決められましたが、15cmや45cmなどと引出し幅は数パターンからお選びいただけますので、用途にあわせてぜひご検討ください。

物件情報

Retail028_tobira

  • お客様名
    Yさま(東京都)
  • 商品名
    STEDIA
  • キッチンサイズ
    間口255cm/奥行き65cm/高さ85cm
  • 収納
    吊戸棚あり
  • 工事期間
    1週間
  • 採用機器
    とってもクリンフード、食器洗い乾燥機、ガスオーブン
  • レイアウト
    造作対面I
  • カーボンバーチ
  • 取手
    ネコアシブラック
  • ワークトップ
    アクリストン(シュクルホワイト)
  • シンク
    アクリストンシンク(モカ)

キッチンを検討している方々へアドバイス

「プランニング時に感じたのは、ショールームに行くことの大切さです。キッチン検討当初は、カタログでいろいろなメーカーのデザインや機能を見比べていましたが、実際ショールームに伺ったらカタログはあくまでも付属品だと感じましたね。実物を見て色やデザイン、サイズ感を確認し、使い勝手をイメージしてみるのは、重要なステップだと思います。あとは、自分が選んだものでいいかどうか不安になったときに、ショールームアドバイザーの方に相談することで、メリット・デメリットを教えていただき、背中を押してもらうこともありました。その点でも、ショールームに行ってよかったと感じています」

リフォームフォトギャラリー

028_PG1-1 028_PG2-1
028_PG3-1 028_PG4-1
028_PG5-1 028_PG6-1

 

担当者から一言

クリナップ株式会社

佐藤 仁志

_MG_9211

「みなさまには、弊社にお任せいただく安心感を感じていただきたく、プランニングから施工まで丁寧な応対を心がけています。クリナップ製品を選んでくださったお客さま、工務店のみなさまからのご期待にお応えできるよう、これからも努めてまいりたいと存じます」

クリナップのショールームで理想のキッチンライフをリアルに体験!

関連記事

一覧へ戻る