【忘れがち】キッチンのゴミ箱置き場を考える際の3つのポイントと収納例

キッチンでは調理のたびにゴミが出るものですよね。しかしキッチンのゴミ箱置き場の計画は忘れられがちといえます。

新築やリフォームで新しいキッチンの導入を考えている場合は、プランニングにぜひゴミ箱の置き場を加えましょう。

この記事では、キッチン空間のゴミ箱収納例もあわせてご紹介していきます。

キッチンのゴミ箱置き場はあらかじめ確保しておくべき

キッチン ゴミ箱置き場

新築や水回りのリフォームでは、どうしてもデザインや素材に目が行きがちですよね。

おしゃれなシステムキッチンを取り入れて理想のLDKを実現したはずが、暮らし始めたとたんにゴミ箱の置き場に困ることがあります。

特にキッチンは毎日の調理で必ずゴミが出る場所です。

自治体ごとにさまざまなルールが定められて、ゴミを種類ごとに分別する必要もあるためゴミ箱が複数になることも想像できます。

ゴミ箱の必要性や家庭ごとの個数は増えているのが現状です。

家庭でもゴミ箱の置き方や置き場、その位置を、新築やリフォーム工事の計画段階から考えておくことは見落としがちですが重要といえます。

おしゃれなLDKやキッチンが実現しても、ゴミ箱の置き場が決まっていないと、スペースが足りずに目につく場所へ置くことになりかねません。

キッチンに必須であるゴミ箱置き場はどう設置すれば、すっきりとゴミ箱を置いておしゃれなキッチンが手に入るのでしょうか。

キッチンのゴミ箱置き場をプランニングするときの前準備

キッチン,ゴミ箱,プランニング

ここからは、キッチンのゴミ箱置き場を考えるときにおすすめしたい具体的な3つのステップをご紹介していきます。

つい後回しになりがちなゴミ箱の配置場所について、ステップを踏んで考えていきましょう。

①ゴミの分別数を考える

先述した通り、ゴミの分別は自治体によって異なります。

そのため、引っ越しをしてキッチンを新設・リフォームするときには、前もってその自治体ではどのようにゴミが分別されているかについてリサーチしておくことが大切です。

同じプラスチックゴミでも、食品トレイと透明のプラスチックを分別して収集している自治体もたくさん見受けられます。

家族が多いとそれだけゴミも自然と増えるもので全員が気持ちよくゴミの分別に取り組めるように、分別ゴミのゴミ箱も身近な位置に置き場を作りたいですね。

ゴミの種類ごとにゴミ箱を準備しておくと、その段階で分別されるのであとはまとめて出すだけで済みます。

毎日の家事を少しでも楽にするため、そして家族全員で分別するためにも、ゴミの種類の把握とゴミ箱置き場の位置はとても大切です。

②ゴミの量を確認する

それぞれのご家庭やライフスタイルよってゴミの量や質は大きく違ってきます。

自宅で毎日料理をする家庭と、平日はほとんど外食やテイクアウトというご家庭では生ゴミの量はまったく異なりますよね。

あまり生ゴミを排出しない家庭で大きな生ゴミ用の置き場をキッチンに作ってもスペースが無駄になってしまいます。

また、家庭ゴミはキッチンで出るゴミだけではなく、他の水回りやそれぞれの居室、新聞などの紙類など多くの種類と量にわたります。

次のゴミ収集日までに、どの種類ゴミがどのくらいの量出るのかを確認することはとても重要です。

③各ゴミ箱の置き場を考える

ゴミ箱は必ずキッチンへ置くのが正解とは限りません。ゴミが出る場所の近くにゴミ箱があると、その場で処分できて家が散らからずに済みます。

生ゴミだけでなく、燃えるゴミ・燃えないゴミなどキッチンにおける料理の動線に沿ったゴミ箱の位置を行動に基づいて考えてみましょう。

キッチンスペースでのゴミ置き場はどうすればいい?

キッチン背面にゴミ箱の置き場を作る場合

キッチン背面 ゴミ箱

アイランド型やオープンカウンタータイプのキッチンでは、吊り戸棚の代わりとなる背面収納を合わせて設置する場合が多くなります。

キッチンの背面収納は、食器やカトラリーの収納やパントリーとしての役割を果たす場所として考られることがほとんどです。

しかし、背面収納のカウンター下はキッチンの中でもゴミ箱を置く位置として魅力的な場所です。

キッチンは狭い区切られたスペースが多いですが、背面収納のカウンター下には分別したゴミを入れる、大きめのゴミ箱が複数配置できるアイデアもあります。

背面収納のカウンター下へゴミ箱の置き場を作るときには、奥行きや高さをしっかりと測るようにしましょう。

収納力がある背面収納ですが、キッチンで複数人が同時に調理する場合を考えて奥行きを狭く計画することがあります。

キッチンに置くゴミ箱はペダルを踏んで開けるタイプが多いのではないでしょうか。

カウンター下の高さが低く、せっかく作った置き場でフタが開けづらくて困るパターンも見かけます。

その場合は、キャスター付きのゴミ箱を選ぶとゴミを捨てるときにもストレスになりません。

キッチンのおしゃれなイメージを損ねないシンプルなゴミ箱なら、カウンター下のオープンな置き場に見せて配置しても見栄えも問題ないでしょう。

キッチンのゴミ箱の置き場を一ヶ所にまとめてしまいたい人に、ぜひおすすめしたいプランです。

▼快適キッチンを実現するカウンター下キッチンはこちら

パントリーへゴミ箱置き場を作るアイデア

パントリー ゴミ箱

まとめ買いや災害時の備蓄のために、キッチンの近くへパントリーを設ける人が増えています。

共働きの世帯では買物に出かけられる日は限られていることが多く、重い調味料や飲料はまとめて買物をしてパントリーで管理というパターンもおすすめです。

狭いキッチンスペースからさまざまな用品を移動させることで、キッチン内のスペースは動線が広くなって使いやすくなります。

「どこへ置けばいいの?」と悩んでいた、キッチンのゴミ箱もまとめてパントリーに置き場所を作りましょう。

ただし、調理中に出る生ゴミについてはパントリーへ直接持って行くのは現実的ではありません。

そんなときは、キッチンのワークスペース周りに小さめのゴミ箱置き場をつくるなどして、後ほどまとめてパントリーのゴミ箱へ捨てる方法がおすすめです。

ゴミ箱置き場を外に作るというアイデアも。

外 勝手口 ゴミ箱

どうしてもキッチンへゴミ箱を置く場所がレイアウトできないときには、キッチンの勝手口付近にゴミ箱置き場を設置するようにしましょう。

キッチンから勝手口が遠い場合は少し難しいかもしれませんが、しっかりと密閉されるタイプのゴミ箱使えば外へ置くアイデアも取り入れられます。

住宅の勝手口は外の通りから視線が届きにくい場所に設けられることが多いためゴミ箱置き場として利用していても、周りからの目線を気にしなくて済みます。

ただし、設置する際はプライバシーや安全性を考慮して密閉性が高くて丈夫な外に置けるものを選びましょう。

キッチンにゴミ箱の置き場が広く取れない場合は、分別ゴミなどかさばりやすいもののゴミ箱だけでも、キッチンの外へ置いてみましょう。

ゴミ箱の置き場になっていた場所へ観葉植物を飾るなどして、豊かなキッチン空間を楽しめます。

キッチン内にゴミ箱の置き場を作る場合

シンク下 ゴミ箱 収納

調理台下スペースへゴミ箱を配置

調理台下 ゴミ箱 収納

キッチンのゴミ箱置き場が調理台下のスペースにあるととても便利ですよね。

冷蔵庫から食材を取り出して、下ごしらえをする調理台は、キッチンの中で一番生ゴミがたくさん出る場所です。

調理台下にあらかじめゴミ箱の置き場を確保して設計しておくと、調理中に発生した生ゴミは狭い範囲を移動させるだけですっきり処分できます。

ただし、キッチンの調理台下のスペースには限りがあるため、生ゴミを捨てるゴミ箱以外は別の置き場が必要になってくるケースが多いのです。

キッチンの引き出しの中へゴミ箱を収納しよう

キッチンのゴミ箱の置き場所のアイデアの一つに、引き出しの中に収納する方法があります。

どうしても生活感が出るゴミ箱は、置き方次第でキッチンのおしゃれ感に差が出てきてしまいます。

クリナップの「CENTRO」や「STEDIA」シリーズのキッチンなら、ステンレス製のキャビネットであるため、ゴミ箱を収納してもニオイが気になりにくく、汚れが気になったときのお手入れも簡単です。

引き出しの奥までしっかりと使える、人気のフルエクステンションレールを採用したクリナップのシステムキッチンなら、キッチンの引き出しの奥行きスペースをすべて活用できますね。

新しいキッチンの導入をお考えの方は、ゴミ箱の新しい置き場として、すっきりと見える引き出しへの収納を検討してみましょう。

すっきり隠せるステンレスキャビネットの事例はこちら

シンク下のスぺースにゴミ箱置き場を作ってみよう

シンク下 ダストスペース

シンク下へゴミ箱の置き場を作っておくと、生ゴミの処理がとても楽になります。
しかし、シンク下のスペースには配管が必ず通っていて、考えているよりも奥行きが狭い場合も多いです。

思ったサイズのゴミ箱が置けないことや、他に収納したものが配置できないなど問題があることも。

そこでおすすめしたいのが、2月1日から受注を開始する、シンク下がオープンタイプのクリナップのSTEDIAシリーズです。

流レールシンクの構造により、通常のキッチンに比べてオープンスペースの奥行きが確保できるため、ゴミ箱の置き場所として利用しやすくなっています。

シンク下の収納にも便利なSTEDIAシリーズはこちら

キッチンのことを考える際はゴミ箱についても忘れずに

キッチンのリフォームや新築する場合に忘れがちなゴミ箱の置き場問題は狭いスペースでもアイデア次第で解消できることをご紹介してきました。

前もって自分たちのゴミの量や種類、分別について調べておくと、キッチンに効率的なゴミ箱の置き場が作れます。

システムキッチンを選ぶ際にも、おしゃれなキッチンづくりに欠かせない、ゴミ箱置き場をくれぐれもお忘れなく計画しましょう。

クリナップのショールームで理想のキッチンライフをリアルに体験!

関連記事

一覧へ戻る