キッチンのワークトップ、使いやすい高さと素材とは?

使いやすいワークトップの感覚は人それぞれで異なりますが、身長や使い方から割り出された「使いやすい高さ」の目安があります。今回は、キッチンのリフォーム時の参考になるよう、最適な高さを調べる方法をご紹介したいと思います。

また、扉カラーについでインテリアのポイントとなるワークトップについては、ステンレスや人工大理石、セラミックなどの素材と特徴を、クリナップ製品を例に解説します!

ワークトップの選び方「使いやすい高さ」

キッチンのワークトップの高さは、使いやすさを左右する大切なポイントのひとつです。とはいえ、「ワークトップの高さ」をどのように選べばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

実は、使いやすい高さの目安を調べるのはとっても簡単! 下記の計算式に、キッチンを使う方の身長を当てはめるだけなんです。



使いやすい高さの目安(cm) = 身長(cm)÷ 2 + 5(cm)


 

高さ

たとえば160cmの方だと、「160÷2+5=85」なので、使いやすい高さの目安は85cmとなります。また、その人の生活スタイルや使い方によって、使いやすい高さも異なります。

たとえば、データ的には高さ85cmがちょうどいい人でも、腕力があまり強くなかったり、ワークトップ上でパン生地をこねたりすることが多いようだったら、少し低い80cmにしたほうが、力が入りやすくていいかもしれません。洗い物は食洗機におまかせ! という方ならシンク前で腰を屈めることが少ないのでなおさらです。

2017_SS_101_08 2017_SS_101_09

このように、“自分がどのようなキッチンの使い方をしているか”というのも、ワークトップの高さ選びで考慮したいポイントです。とはいえ、実際にワークトップの高さを選ぶ際には、やはりショールームで体感していただくのが一番!

使いやすさの感覚には個人差がありますが、さきほどご紹介した計算式でわかった数値をもとに、そしてふだんのキッチンでの行動を思い浮かべながら、ご自身に最適な高さのワークトップを選びましょう!

ショールームで気をつけたいこと

ショールームで高さを体感することが重要ですが、気をつけたいポイントがあります。ショールームをご見学されるときは、靴を履いている場合が多いはず。そのため、靴を履いたまま高さを確認してしまうと、実際家にキッチンを設置してみたときに、思ったより高いと感じてしまうのです。自宅でスリッパをはいて調理をされている方は、ぜひお使いのスリッパをご持参することをおすすめします!

サビにくくお手入れがしやすい「ステンレスワークトップ」

汚れに強く、丈夫なステンレス。実は、ステンレスの流し台が日本で普及したのは50年以上も前のこと。以来、ご家庭のみならずプロが使う厨房でも重宝されてきた定番の素材です。

ステンレスは、鉄にクロムなどの金属を混ぜ合わせた合金です。鉄だけでは腐食してしまいますが、クロムが空気中の酸素と結びついて「不動態皮膜」というバリヤーをつくる役割を果たしています。だからこそ、塗装などをしなくてもサビにくい強い金属になるのです。

さらに「不動態皮膜」は、表面が傷ついても自然に再生する力を持っています。そのため、ステンレスは耐久性が高い素材として評価されているのです。耐久性や耐熱性に優れ、またお手入れも簡単なステンレスは、毎日使うキッチンに最適な素材ですね。

一般のご家庭でも、ワークトップは絶対ステンレス、とこだわりを持っている方もいらっしゃいます。また、ワークトップのみならず、キッチン全体をステンレスで統一される方も。いろいろな方のキッチンをご覧になって、リフォームイメージを膨らませるのもおすすめです!

ワークトップ、扉、すべてがステンレスのおしゃれなキッチンインテリアを見る>>

ステンレス表面のキズを目立たなくするための加工に、「ドット柄コイニング加工」というものがあります。ワークトップ全体に細かいドット柄を施すことで、食器などがすれた際のキズがつきやすい面積を小さくし、ステンレスならではの美しい輝きを長持ちさせることができます。
クリナップのシステムキッチン「CENTRO」のステンレスワークトップには、「ドット柄コイニング」以外にもさまざまな加工があります。
そのひとつが、髪の毛ほどの細いラインが特徴の「ヘアライン」加工。職人が1台1台丁寧に磨きながらヘアライン模様を施すため、ステンレスの美しさが際立ちます。



また、「美コートワークトップ」というクリナップ独自のものがあります。これは、耐久性の高いステンレスに特殊な加工を施すことで、より汚れとキズに強いワークトップに仕上げたもの。水になじみやすい親水性のセラミック系特殊コーティング(美コート)を施すことで、ステンレスについてしまった汚れの下に水が入り込み、汚れを浮かします。そのため、落としにくい油汚れもサッと水拭きだけでOK!
キズに強い秘密は、特殊エンボス加工にあります。加工によって、食器などとワークトップが接する面が減り、こすれキズがつきにくくなります。

美コートと特殊エンボス加工のワークトップでは、たとえば油性ペンで書いた文字なども水で簡単に落とすことができます。クリナップのショールームでは、「美コートワークトップ」の汚れの落ちやすさを体験していただけますので、性能について気になる方はぜひショールームでお試しください!

お近くのショールームを探す>>

また、ステンレスのお手入れに不安が……という方のために、さまざまなお悩みにお答えする「Smile ANSWER+」では、ステンレスのお手入れのコツも掲載しています。ぜひこちらも参考にしてみてください。

「Smile ANSWER+」でステンレスのお手入れ方法を見る>>

明るい空間を演出する「アクリストン(人工大理石)ワークトップ」

美しさと丈夫さを兼ね備えたアクリストンワークトップ。「アクリストン」とは、高品質を極めたクリナップオリジナルの人工大理石です。

人工大理石のワークトップは、白をはじめ淡い色味のカラーバリエーションが多く、空間全体を明るく見せてくれるのが特徴です。お部屋のインテリアやお好みに合わせて、いろいろな種類から選べるのも楽しいですね。

アクリストンワークトップの特徴は、主に4つあります。

・衝撃に強く、割れにくい。

・調味料や洗剤で変色しにくい。

・美しい色合いが長持ち。

・熱で変色しにくい。

インテリア性と丈夫さなどの機能性を兼ね備えているのが、アクリストンワークトップの特徴です。

2018年2月に発売が開始したクリナップのシステムキッチン「CENTRO」には、いままでにない新しい模様のワークトップが登場。

こちらは、「グレイスシリーズ」という種類で、麻の葉をモチーフにした大きな柄がフラット対面キッチンのダイニング側に広がります。そのほかにも、天然石をモチーフにしたやわらかいイメージの「カリーザシリーズ」や、「クリンレディ」でもおなじみのぬくもりのあるやさしい印象の「ソリッドシリーズ」など、種類もたくさん!お部屋のイメージに合わせたワークトップ選びも、リフォームの楽しみのひとつですね。

※「グレイスシリーズ」は、フラット対面奥行98cmのワークトップのみに対応可能な柄となります。

スタイリッシュな新シリーズ「セラミックワークトップ」

2017_SS_025_03

こちらは、「CENTRO」のために選び抜かれたコレクション。硬質なセラミック素材に陶器のような味わい深さを持つこちらのワークトップは、よりシャープでスタイリッシュに、都会的で洗練されたキッチンを演出します。

セラミックワークトップの特徴は、大きくわけて4つ。
・調味料や洗剤で変色しにくい。
・衝撃に強く、割れにくい。
・熱で変色しにくい。
安心の丈夫さで、使い勝手も抜群です!

現在のラインナップは、下の4種類(名称は、左からエドラ/ベガ/ケラニウム/シリウス)です。

ワークトップ選びに迷ったら・・・

今回ご紹介したワークトップは、クリナップのショールームでご覧いただけますので、ぜひ足を運んでみてくださいね!

キッチンのワークトップの素材を迷われている方へ。「素材選びの基礎知識」についての記事を掲載中です。素材選びのご参考に、ぜひ!

「ステンレス?人工大理石?キッチンワークトップの素材選び基礎知識」を読む>>

各ワークトップについて詳しく知りたい方は、クリナップのキッチン「CENTRO」のワークトップ紹介ページからご覧ください。

「CENTRO」のページでワークトップを詳しく見る>>

クリナップショールーム

関連記事

一覧へ戻る