収納比較! CENTRO(セントロ)・STEDIA(ステディア)・ラクエラの違い

クリナップのシステムキッチンは主に3種類。高級グレードの「CENTRO」と「STEDIA」、お求めやすいグレードの「ラクエラ」があります。この3種類の違いとは?今回は、収納のキーポイントとなる「引出し」にフォーカスしてその違いをご紹介します。

3種類のキッチン。違いはなに?

クリナップの3つのシステムキッチン「CENTRO(セントロ)」、「STEDIA(ステディア)」、「ラクエラ」。扉や選べる機能の違いはもちろんですが、大きな違いのひとつがキャビネットの構造です。
CENTROとSTEDIAは、キッチンの内部もステンレス製の「ステンレスキャビネットキッチン」。カビやサビに強いステンレスでできているのが特徴です。

3種類のキッチン。違いはなに?

ステンレスキャビネットキッチンの内部

ラクエラのキャビネットは木製。CENTROやSTEDIAに比べてお求めやすい価格でご用意できているのは、キャビネットが木製だという点も影響しています。
「収納」という点では、引出しの数が違うというのも大きな点だと思います。内引出し等を除くと、CENTROとSTEDIAは3段、ラクエラは2段の構造です。

●CENTRO・引出し3段

CENTRO・引出し3段

●STEDIA・引出し3段

STEDIA・引出し3段

●ラクエラ・引出し2段

ラクエラ・引出し2段

この違いによって、内引出しの仕様なども異なります。詳しい解説は、のちほど!
では、それぞれの引出しの違いを詳しく見ていきたいと思います。

【収納比較】レールの違い

まずは、レールの違いについてご紹介します。
CENTROには、オーストリア・ブルム社製の最上位レール「レグラボックス」が搭載されています。大きな引出しの端を持っても楽に開け閉めできるのは、高品質のレールだからこそ。レール自体がスマートなので、収納部の邪魔になることもありません。

レールの違い

重いモノを入れることの多い下段の引出し「フロアコンテナ」もスムーズに操作できます。

レールの違い

STEDIAとラクエラには、「サイレントレール」と呼ばれるブルム社製「ブルモーションレール」が採用されています。静かでスムーズな引き心地なので収納物へのショックを抑えることができ、食器類などの収納も安心です。

レールの違い

ラクエラは、キャビネットは木製ですがオプションで引出しの底板をステンレス製にすることも可能です。ステンレスの底板は、油や調味料などをこぼしてしまっても汚れが染み込みにくく掃除が簡単なので、掃除のしやすいキッチンを選びたい方はぜひご検討ください。

レールの違い

ステンレスの底板を採用した引出し

 

ショールームには、3種類の引出しの違いを感じていただくための比較スペースがあります。ご来場の際には、引き心地を確かめてみてくださいね!

【収納比較】引出しの角の形状の違い

次に、引出しの内側を見てみましょう。
同じ幅・奥行きの引出しですが、3種類のキッチンの収納量はこのような違いがあります。この収納量の差は、引出しの「角」の形状に理由があります。

引出しの角の形状の違い

3種類の引出しの形状には、この写真のような違いが見られます。

引出しの角の形状の違い

CENTROの引出しは、底と側面の接続部が直角になっています。このため端まできっちり収納でき、スペースに無駄がありません。
STEDIAとラクエラは、接続部が丸みを帯びているため、端までは収納できません。ですが角がカーブしているほうが底面の掃除がしやすいというメリットもあります。
どちらの形状がいいかは、なにを優先するかで変わりそうですね。
引出しの色を見てみると、CENTROはブラック、STEDIAとラクエラはホワイトなのも特徴のひとつです。

2015_CL_019_03

CENTROの引出し

 

引出しの角の形状の違い

STEDIAとラクエラの引出し

【収納比較】引出しの構造(内引出し)の違い

3種類のキッチンには、それぞれ仕様の異なる内引出しがついています。

●CENTROの内引出し

キッチンの真ん中に立ちながら、効率よく作業ができるようにと考えられた「センターポジション設計」。そのために採用されたのが「ダブルツールコンテナ」という両サイドのふたつの引出しです。キッチン中央で作業をする際に両サイドの引出しにアクセスしやすく、かつ必要なモノを取り出しやすいようにと考えられています。

引出しの構造(内引出し)の違い

CENTROの引出しには、「ツールボックス」という内引出しがついています。この内引出しのおかげで、収納物を高さ別に入れることができ、より使いやすい引出しに。また、シンクキャビネットのツールボックスの上には、「シャローパレット」という浅めの引出しもセットになっています。まな板やふきんなどをしまうのにちょうどいいスペースです。

引出しの構造(内引出し)の違い

左:コンロキャビネット/右:シンクキャビネット
※ツールボックスなしタイプもお選びいただけます。

●STEDIAの内引出し

よく使うモノが取り出しやすいよう、引出しの手前20cmのスペースに「ツールポケット」がセットされているのがSTEDIAの特徴のひとつ。頻繁に使うモノが楽に取り出せることで、作業効率がアップ!

引出しの構造(内引出し)の違い

STEDIAの内引出し「スライドボックス」を使えば、収納物の大きさに合わせて効率よく収納ができます。スライドボックスなしのプランも選べるので、収納物に合わせてご検討いただけます。

●ラクエラの内引出し

ベースキャビネットの上段には、調理グッズやレードルなどが収納できる「フォローパレット」という内引出しがついています。頻繁に使うモノも取り出しやすいよう、引出しと連動式になっています。

ラクエラの内引出し

また、ベースキャビネットの手前側に調味料ボトルなどの背の高いモノが収納できるよう、フォローパレット手前側の底面は少し削られたような形になっています。その構造のおかげで、29cm程度までの高さのモノを手前に収納できます。

ラクエラの内引出し

フォローパレットの構造イメージ図

 

CENTRO・STEDIA・ラクエラの収納比較表

今回ご紹介した3種類のキッチンの違いをまとめました。

  CENTRO STEDIA ラクエラ
キャビネット
(躯体)
ステンレス製 ステンレス製 木製
引出し数 3段 3段 2段
レール ブラム社製
「レグラボックス」
ブラム社製
「ブルモーションレール」
ブラム社製
「ブルモーションレール」
角の形状 角が垂直になっている 角に丸みがある 角に丸みがある
引出しの色 ブラック ホワイト ホワイト
内引出し ツールコンテナ スライドボックス フォローパレット

【キッチンを選ぶときのポイント】優先順位を確認しましょう!

後悔しないキッチン選びのために大切なのは、「優先順位を明確にすること」。
価格、収納、デザイン、機能など、いろいろなポイントがありますね。優先順位を考えるときは、いまお使いのキッチンで悩んでいること、「こうしたい」と思っていることなども一緒にメモなどで残しておくのがおすすめです。自分の考えが整理しやすくなるだけでなく、ショールームでのお打ち合わせでも役立ちます。

【キッチンを選ぶときのポイント】優先順位を確認しましょう!

クリナップでは、キッチンリフォームのプロの相談員による「オンライン相談サービス」を実施しています。忙しくてショールームに行けないという方や、ショールームに行く前に気軽に話を聞いてみたいという方におすすめです。
ショールームに行く前にオンラインで相談をしておくと、実物を見たときに確認すべきポイントなども明確になり、スムーズにショールームをご覧いただけるはず! オンライン相談についての詳細のご確認とお申し込みは、下記をご覧ください。

「オンライン相談」の詳細を確認する>>

ショールームへお越しいただく際は、事前に予約をしていただくとスムーズにご案内ができます。ご予約は、下記のウェブページよりお申し込みいただけます。

クリナップのショールームご紹介ページを見る>>

  • ウェブページにアクセスしていただいたら、「ショールームを探す」からご来場希望のショールームを検索し、ご予約をお願いいたします。

関連記事

一覧へ戻る