心地よいキッチン。ナチュラルテイストに魅せるコーディネート紹介

優しく温かい雰囲気のナチュラルなキッチンは、老若男女や趣味嗜好に関わらず、どんな方にも受け入れられるテイストです。

イメージしやすいテイストではありますが、よりセンスを感じる空間に仕上げるにはどうしたら良いのか、悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、ナチュラルテイストのキッチンについて、コーディネートのポイントや事例をご紹介します。ぜひ、おしゃれなキッチン作りの参考にしてみてください。

ナチュラルテイストなキッチンとは

ナチュラルテイストなキッチンとは

『ナチュラル(natural)』は、「自然」や「天然」を意味する言葉。人工的・科学的なものはできる限り使わずに、自然素材を活かした、温もりあるコーディネートを目指すと、ナチュラルなテイストが近づきます。

昔からとても人気があり、新築やリフォーム時に採用される方が多いナチュラルテイスト。その柔らかいイメージは、子供から大人まで世代を問わずに良い印象を与え、リラックスできる空間を作り上げます。

キッチンにおいては、キッチン本体に木目調の扉を採用したり、木製の食器棚や背面収納を設置したり、小物にも天然素材が使われたものを選んだりすると、ナチュラルな雰囲気を演出できます。

ナチュラルキッチンを作るポイントについては、この後詳しくご紹介します。

ナチュラルなキッチンに魅せるポイント

ナチュラルと聞くと、イメージがぼんやりと浮かぶ方も多いと思いますが、しっかりとコツを押さえることで、洗練されたナチュラルキッチンに魅せることができます。

ここでは、ナチュラルキッチンに仕上げるためのポイントを、5つお伝えします。

ポイント①シンプルなインテリアデザインナチュラルキッチンのポイント①シンプルなインテリアデザイン

装飾や色数を抑えたシンプルなインテリアは、クールなテイストを作ることもできますが、ホワイトカラーや木目を使うことでソフトな印象が加わり、ナチュラルなテイストになります。

木目扉のキッチンや背面収納を選べば、それだけでも雰囲気が出ます。

キッチンや収納に別の色を使いたい場合は、設備の直線的なラインが相まって、シャープな雰囲気になってしまう可能性がありますので、木製や、曲線・曲面があしらわれているダイニングテーブル・チェアを設置して、柔らかさをプラスすると良いでしょう。

ポイント②キッチン雑貨には自然素材を取り入れるナチュラルキッチンのポイント②キッチン雑貨には自然素材を取り入れる

木製のカッティングボードや、ラタン(藤)でできたカゴは、ナチュラルキッチンを演出する強い味方。仕舞い込まずに、ぜひ見せる収納として出しておきましょう。最近では、雑貨店や日用品を扱うお店で、リーズナブルなものも販売されています。

さらに、ファブリックでも自然な風合いを楽しむことができます。キッチンクロスやタオルにも、コットン(綿)やリネン(亜麻布)素材のものを選ぶとGOODです。

小さな観葉植物を置いて、グリーンで自然を感じるのも良いでしょう。

コーヒーの麻袋

また、麻製のコーヒー袋やバッグもおすすめのアイテムです。

野菜の保存、鍋敷き、ごちゃごちゃした場所の目隠しなど、さまざまな用途として使えますし、飾っておくだけ・敷いておくだけでもおしゃれ! 100円ショップやネットショップ、喫茶店でも取り扱っている場合がありますので、チェックしてみてください。

ポイント③「木」にこだわるナチュラルキッチンのポイント③「木」にこだわる

家具はもちろんのこと、床に無垢材を使ったり、天井の梁をあえて見せるようにしたりと、木にこだわると、ぐんとナチュラルさが増します。

家具に選ぶ素材は、タモ、パイン、ビーチ(ブナ)、オーク(ナラ)など明るめの木材なら間違いありませんが、空間全体が明るい色で構成されていれば、ウォールナット(くるみ)やアルダー、ブラックチェリーなど、一部にやや色の濃い家具を選んでも、雰囲気が崩れることはありません。

ポイント④メインカラーはホワイトやナチュラルカラーナチュラルキッチンのポイント④メインカラーはホワイトやナチュラルカラー

キッチンやLDK空間の面積が広い部分(床、壁、天井など)には、ぜひホワイトや、ホワイトに近いベージュ、淡いグレー・パステルカラーなどの明るい色を選んでください。

その上で、ポイント②や③でお伝えしたように、家具や棚、小物に木材を活用すれば、ナチュラルキッチンの大枠は完成したようなもの。

派手な色は避け、ダイニング側から見える食器やキッチンツールにも、ホワイト系のカラーや木材、ガラスなど使った、主張しすぎないデザインを選びましょう。

ポイント⑤差し色にはアースカラーナチュラルキッチンのポイント⑤差し色にはアースカラー

『アースカラー』とは、その名の通り「地球(earth)」をイメージした色のこと。厳密な定義があるわけではありませんが、一般的には、大地を彷彿させるブラウン系や、植物のグリーン系、海や空のブルー系を指します。

自然を感じるカラーをアクセントに使えば、ナチュラルインテリアがさらに引き立ちます。

キッチンまわりで目に入る、お鍋やキッチンツール、食器、小物類をアースカラーで統一するほか、一部の壁・腰壁、家電製品などにアースカラーを選ぶのも良いですし、ホワイトやベージュ基調の明るい空間なら、キッチン扉にアースカラーを選択する方法もあります。

【テイスト別】おしゃれなナチュラルキッチンコーディネートを紹介

ナチュラルキッチンに魅せるポイントをお伝えしてきました。ここからは、実際のコーディネート実例をご覧いただきます。

ナチュラルと言っても、シャープさが加わったものや、硬質素材との組み合わせ、カフェのような可愛らしいキッチンまで、ニュアンスが少しずつ異なりますので、お好みのナチュラルキッチンを見つけてみてくださいね。

コーディネート①ナチュラル×モダンキッチンコーディネート①ナチュラル×モダンキッチン

外の光が部屋全体を明るく包む、大きな窓が印象的なキッチン。

床やダイニングセットは、モダンでシャープなテイストですが、キッチン本体やレンジフードに木目を採用することで、柔らかさがプラスされ、ナチュラル&モダンなキッチンに仕上がっています。

  • キッチンシリーズ:STEDIA(ステディア)

事例を詳しく見る>

 

コーディネート②ナチュラル×カフェ風キッチンコーディネート②ナチュラル×カフェ風キッチン

人を呼んでおもてなしをしたくなるような、カフェ風のナチュラルなL型キッチン。

床、壁、ダイニングに、明るい色味の木材がふんだんに使われています。腰壁に取り付けられた飾り棚や、壁に施されたタイルで、さらにおしゃれ度UP!

  • キッチンシリーズ:CENTRO(セントロ)

事例を詳しく見る>

 

コーディネート③ナチュラル×ホワイトタイルキッチンコーディネート③ナチュラル×ホワイトタイルキッチン

デザインにもカラーにも、そして機能にも無駄のない、シンプルな組み合わせ。ライトな木目のミストアッシュ扉は、どんなコーディネートにも馴染みます。

ナチュラルカラーでまとめる配色は、一歩間違えると単調になってしまうこともありますが、一部の壁にタイルを貼り、おしゃれな要素を追加することで回避できます。

  • キッチンシリーズ:ラクエラ

事例を詳しく見る>

 

コーディネート④ナチュラル×自然素材キッチンコーディネート④ナチュラル×自然素材キッチン

木目扉も、マットと鏡面では印象が全く異なります。鏡面木目扉のグラセウッドグレージュは高級感があり、ナチュラルな空間に調和しながらも、輝きがアクセントに。

背面の食器棚や飾り棚に、お気に入りのお皿やグラス、小物を並べ、眺めるだけでも気分の上がる、ナチュラルキッチンの完成です。

  • キッチンシリーズ:ラクエラ
事例を詳しく見る>

 

コーディネート⑤ナチュラル×自然素材×ステンレスキッチンコーディネート⑤ナチュラル×自然素材×ステンレスキッチン

ホタテの貝殻でつくられた塗料を使った壁や、ナラの無垢材を使った床など、あらゆる場所に自然素材を取り入れた、とても暖かみを感じるリビングダイニングです。

一方、キッチンにはステンレス扉を採用し、クールな印象。しかし、そのふたつの雰囲気は相反することなく、心地良い空間を作り上げています。

  • キッチンシリーズ:CENTRO(セントロ)

事例を詳しく見る>

 

心も体もリラックスできるナチュラルキッチン

心も体もリラックスできるナチュラルキッチン

明るく自然な雰囲気に包まれたナチュラルテイストのキッチンは、目にも優しいだけでなく、心も穏やかになります。

在宅ワークや家事、子育てなどに追われる毎日でも、自然素材を使った居心地の良い空間なら、嫌なストレスを軽減してくれることでしょう。

全国にあるクリナップショールームでは、ナチュラルキッチンを叶えるキッチン扉カラーや、インテリア小物など、さまざまな展示をご用意してお迎えしています。コーディネートのヒントを探しに、ぜひ実物をチェックしに、足を運んでみてくださいね。

クリナップのショールームで理想のキッチンライフをリアルに体験!

関連記事

一覧へ戻る