あなたに合ったキッチンを探そう!特徴やメリット・デメリットから種類ごと解説

キッチンはレイアウトや形状によってさまざまな種類に分けられます。

L字やアイランド、ペニンシュラなど名前は聞いたことがあっても違いがわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、各種類の特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説します。

空間の活用の仕方で分けるシステムキッチンの種類

キッチンの種類の分け方はさまざまで、キッチンの形で分ける方法や設備の配置で分ける方法などがあります。

最初にキッチンとリビング・ダイニングの空間の使い方に着目した分け方を紹介します。この方法で分けた場合の種類は以下の3つです。

種類①独立型

種類1 独立型

独立型は、キッチンを個室にしてリビングやダイニングと明確に分けるタイプのキッチンです。「クローズドキッチン」という名称でも呼ばれます。

最近はダイニングとつながりのある開放的なキッチンが人気ですが、独立型にもメリットがあります。

このタイプのメリット・デメリットは?

独立型のメリット・デメリットは考え方次第で、個室は料理に集中できることがメリットになりますが、隣室の様子がわからないと考えればデメリットになります。

また匂いが他の部屋に流れないことはメリットですが、キッチンに匂いがこもると考えればデメリットです。

種類②セミオープン型(造作対面)

種類2 セミオープン型(造作対面)

セミオープン型はキッチン前面に高さのあるカウンターを設置したり、キッチンの一部に壁を設けたりする「ちょっと隠すタイプ」の対面キッチンです。

「造作対面キッチン」という名前でも呼ばれます。独立型とオープン型のそれぞれのメリットをいいとこ取りしています。

このタイプのメリット・デメリットは?

セミオープン型はバランスのよさがメリットで、独立型よりも開放感がありダイニングにいる家族と対面で会話できます。

またオープン型と違って必要な場所を隠せるため、コンロ前を壁にすると油はね対策として便利です。一方で、匂いが隣室に流れることはデメリットといえます。

種類③オープン型(フラット対面)

種類3 オープン型(フラット対面)

オープン型はキッチンとダイニングを遮る壁がないキッチンです。「フラット対面キッチン」という名称でも呼ばれます。

オープン型は側面の壁に接触しているかどうかで2種類に分かれ、接触するのがペニンシュラキッチン、接触しないのがアイランドキッチンです。

このタイプのメリット・デメリットは?

オープン型は抜群の開放感があり、隣室の家族とコミュニケーションをとりながら作業できることがメリットです。

一方で、全て丸見えになるデメリットがあるため、常に綺麗な状態をキープするための工夫や匂い・油はね対策が必要となります。

キッチンの種類を分けるとこうなる

キッチンの種類の分け方を以下の表にまとめました。

空間の活用の仕方でキッチンの種類を分類する時は、壁に着目して考えるとわかりやすくなります。

システムキッチンの種類

  独立型 セミオープン型 オープン型
側面の壁に接触している 壁付けキッチン (I型、L型など) 造作対面キッチン (I型、L型など) ペニンシュラキッチン (I型、Ⅱ型など)
側面の壁に接触していない - 造作アイランドキッチン アイランドキッチン

キッチンのI型・Ⅱ型・L型って?

キッチンのI型・II型・L型って?

表の中にI型・Ⅱ型・L型という名前があります。これはシンクとコンロの位置に着目した分類方法です。

I型はシンクとコンロが一直線の横並びタイプ、Ⅱ型はシンクとコンロが2列に分かれたタイプ、L型はシンクとコンロが文字通りL字に分かれたタイプです。

独立型・セミオープン型・オープン型のキッチンを探す >

設置場所と形状で分けるシステムキッチンの種類

ここからは、設置場所や形状で分類したキッチンの種類について紹介します。この分類の仕方で分けると、キッチンの種類は以下の5つです。

特徴やメリット・デメリットも詳しく解説するので、ぜひキッチンの種類選びの参考にしてください。

種類①壁付けキッチン(I型やL型など)

種類1 壁付けキッチン(I型やL型など)

壁付けはシンクとコンロが室内の壁側に設置される種類のキッチンです。空間を無駄なく有効活用できるメリットがあります。

ただ、作業スペースを広くとろうとすると横に長くなるので、移動距離が伸びて動線が長くなりがちです。採用する場合はレイアウトを工夫しましょう。

I型の壁付けキッチン

I型の壁付けキッチン

I型の壁付けキッチンはシンクとコンロが横並びなので、横への移動だけで作業したい方に向いています。

ただし、キッチンを広くするほど横への移動距離が伸びていくので、動線は長くなります。キッチンの形状と使い勝手を踏まえて適切なサイズの商品を選びましょう。

L型の壁付けキッチン

L型の壁付けキッチン

L型の壁付けキッチンはシンクとコンロが異なる壁に面しているため、I型よりも移動距離が少なくて済みます。

ただし、この種類はコーナー部分の使い勝手が難しいというデメリットがあります。普段使わないものを置くなど、予め使い道を考えてから選びましょう。

種類②造作対面キッチン(I型、L型など)

セミオープン型の実例

造作対面キッチンのレイアウトはさまざまですが、ダイニングへの油はねを防ぐという点でコンロ前を造作壁にするタイプが人気です。

造作対面キッチンにはI型とL型があり、それぞれ生活する上でのメリット・デメリットが異なります。

I型の造作対面キッチン

I型の造作対面キッチン

造作対面のI型は、壁付けのI型と違ってダイニングにいる家族とコミュニケーションがとれることがメリットです。

この種類はキッチン上に吊戸棚をつけると収納が増えますが、圧迫感が出やすいデメリットもあります。メリット・デメリットを比較して設備を選びましょう。

L型の造作対面キッチン

L型の造作対面キッチン

L型の造作対面キッチンは、I型よりも移動距離が少ないことがメリットです。この種類は生活動線のよさが魅力ですが、間取りによって冷蔵庫や食器棚の置き場に困る場合もあります。

予め設置したい冷蔵庫のサイズや食器棚の形状を決めてから選ぶことをおすすめします。

種類③ペニンシュラキッチン

種類3 ペニンシュラキッチン

ペニンシュラキッチンは側面の壁に接触しており、壁から突き出た形状がpeninsula(=半島)に見えることが名前の由来です。

オープン型はペニンシュラとアイランドの2種類ですが、ペニンシュラはアイランドと違って間取りの制約を受けないので特に人気です。

ペニンシュラキッチンのI型とⅡ型を比較

ペニンシュラキッチンのI型とII型を比較

Ⅱ型は「セパレートキッチン」という名称で呼ばれており、シンクとコンロが分かれています。作業場所が広いので複数人で料理を楽しみたい方に人気です。

ただし、シンクからコンロに食材を移動する際に水が落ちる可能性があるため、綺麗に使用したい場合はI型がおすすめです。

種類④アイランドキッチン

種類4 アイランドキッチン

アイランドキッチンは側面の壁と接触していない形状のキッチンで、island(=島)に見えることが名前の由来です。

開放感抜群で、リビングやダイニングと一体感があります。コミュニケーションをとりやすいため、大人数で過ごすのが好きな方におすすめの種類です。

アイランドキッチンのメリット・デメリット

アイランドキッチンのメリットは開放感や隣室との一体感に加え、生活動線が便利になることです。回遊できる生活動線ができるので、配膳や片付けが簡単になります。

一方でかなり広いスペースが必要となることがデメリットです。また、手元が丸見えになるので常に片付けが必要となります。

種類⑤造作アイランドキッチン

種類5 造作アイランドキッチン

アイランドキッチンには造作タイプもあります。通常のアイランドキッチンと同様に側面の壁と接触していませんが、コンロやシンクの付近に造作壁があります。

このため、独立型・セミオープン型・オープン型の分類の中ではセミオープン型にあたります。

造作アイランドキッチンのメリット・デメリット

この種類のメリットは、アイランドキッチンでありながら手元が丸見えになりにくいことです。

生活動線のよさを維持しつつ、通常のアイランドキッチンと違って掃除に気を使わずに済みます。ただし、広いスペースが必要なことに変わりはありません。

種類別に見るキッチンのレイアウトを紹介

ここからは、これまで紹介したさまざまな種類のキッチンのレイアウトを紹介していきます。ぜひキッチンやリビング・ダイニングの配置決めの参考にしてください。

種類別レイアウト①I型キッチン

種類別レイアウト1 I型キッチン

こちらは奥にI型キッチン、中央に作業台、手間にリビングを配置した縦長のレイアウトです。

I型は空間を効率よく使えるメリットがあるので、このようなコンパクトな間取りに向いています。中央に作業台を置くことで作業スペースが少ないデメリットを解消しています。

配置する時のポイント

I型は横に移動して作業するタイプで、人とコミュニケーションがとりにくいという特徴があります。向き不向きがあるので、普段の家事の仕方を踏まえて選びましょう。

種類別レイアウト②L型キッチン

種類別レイアウト2 L型キッチン

こちらはダイニングと一体化したキッチンにL型を設置したレイアウトです。壁付けのL型にすると開放感があり、ダイニングを広く使えます。

キッチンとダイニングに隔たりがないため、配膳や食事後の片付けがスムーズになる間取りです。

配置する時のポイント

L型は壁付けと対面で使い勝手が変わります。壁付けのL型は開放的でレイアウトしやすい一方で、人と会話しにくいのがデメリットです。

対面は間取りによって向き不向きがありますが、家族の様子がわかります。家の間取りや使い勝手に合わせて選んでみましょう。

種類別レイアウト③Ⅱ型キッチン

種類別レイアウト3 II型キッチン

このⅡ型キッチンのレイアウトでは、手前のシンクのすぐ横にダイニングテーブルを配置しています。

食事後に使った食器を片付けやすいレイアウトですね。シンクの隣のワークトップは作業スペースになるので、洗った食器を片付ける際に便利です。

配置する時のポイント

Ⅱ型キッチンでは、ダイニングテーブルの配置がポイントです。

テーブルをシンク横に配置すると食器の片付けが楽になりますが、テーブルをキッチン前にレイアウトするとキッチンへの出入りがスムーズになります。何を重視するかを考えて配置を決めましょう。

Ⅱ型キッチンについて詳しく見る >

種類別レイアウト④ペニンシュラキッチン

種類別レイアウト4 ペニンシュラキッチン

こちらは、コンロとシンクが一直線になったI型のペニンシュラキッチンです。キッチンからリビングまで広い空間なので、ペニンシュラキッチンの持つ開放的な雰囲気とマッチしています。

配置する時のポイント

コンロからダイニングへ油はねしやすいので、対策を考えるのがポイントです。例えば透明の油はねガードを設置すれば、清潔感を保ちつつ圧迫感を抑えることができます。

種類別レイアウト⑤アイランドキッチン

種類別レイアウト5 アイランド

こちらは広い空間を贅沢に使ったアイランドキッチンのレイアウトです。

ダイニングテーブルを離れた場所に配置しており、キッチン周りがすっきりしています。また背面壁に大容量の収納があるので、キッチンにものを出しっぱなしにしない工夫も見られますね。

配置する時のポイント

アイランドキッチンは背面収納の選び方がポイントです。他のキッチンより収納が少ないので、ものがたくさんある場合は大きめの背面収納が必要となります。

大きな収納は予算も場所も必要ですので、全体の予算やリビング・ダイニングの間取りを十分に検討しましょう。

紹介したレイアウトの実例写真をチェックする >

各種類のキッチンの実例を紹介

最後に各種類の実例を見ていきましょう。特に人気のセミオープン型とオープン型に絞って紹介します。

セミオープン型の実例

種類2 造作対面キッチン(I型、L型など)

この実例では、木目フローリングに木目調キッチンを合わせてボタニカルな雰囲気にコーディネートしています。

吊戸棚がないタイプなので開放感があり、窓から見える庭の景色も部屋の一部として馴染んでいます。

見る角度で部屋の印象が変わる実例

見る角度で部屋の印象が変わる実例

キッチンの色が鮮やかな赤になると、同じセミオープン型でも先程の実例と全く違うキッチンに見えます。

セミオープン型はダイニング側からキッチンが見えにくいため、見る角度で部屋の印象が変わる楽しいコーディネートです。

オープン型の実例

オープン型の実例

キッチンの色と背面収納棚の色を変えたアイランドキッチンの実例です。

色を変えることでキッチンそのものが空間のアクセントになっています。デザイン性の高いコーディネートといえるでしょう。

キッチン前面を便利な収納にした実例

2020_ST_041_01-1

前面を便利な収納棚にしたペニンシュラキッチンの実例です。

上品な木目のアクセントな扉カラーと収納スペースに小物や雑貨を置いてキッチンをインテリアとして楽しむことができます。

他の実例をチェック >

各種類の特徴を理解してキッチンを選ぼう

キッチンは種類によって特徴が大きく異なり、どの種類にもメリット・デメリットがあります。ストレスなく家事をこなすためには、各種類の特徴を理解して自分に合ったキッチンを選ぶことが大切です。今回の内容を踏まえ、ぴったりのキッチンを選びましょう!

クリナップのショールームで理想のキッチンライフをリアルに体験!

関連記事

一覧へ戻る