ライフスタイルに合わせて選びたいキッチンレイアウト6種、大解剖!

キッチンレイアウトにはさまざまな種類があり、住まいの間取り・広さ、暮らす人のライフスタイルなどによって使いやすいキッチンのタイプや配置は異なります。リフォームの際「どんなキッチンを選べばいい?」と悩まれる方のために、主なキッチンレイアウト6種のメリット・デメリットをご紹介します。

キッチンレイアウトタイプの主な6種を解説!

キッチンレイアウトを考える際のポイントは、ずばり「動線」。キッチンの動線はシンク・コンロ・冷蔵庫の3点の配置によって決まり、3点を結んでできる「ワークトライアングル」の3辺の距離の合計が作業効率を左右します。長すぎると移動が多くなり作業効率はダウン、逆に短すぎてもスペースに余裕がなく作業しづらい動線に……。キッチンレイアウトを考える際は「ワークトライアングル」にも注目しましょう。

(1) I型キッチン

itype_illustration

>>動線をどう考える?

シンク、コンロ、そして多くの場合は冷蔵庫も一列に並んでいるタイプ。ワークトライアングルは横一列で、家事動線は左右の移動のみになります。コンパクトなキッチンなら家事動線が短く使いやすいですが、間口が広いと動線が長くなるため注意が必要です。

壁付けタイプは、隣接するダイニングやリビングを広く使うことができます。ダイニングと向かい合う対面タイプのI型キッチンにする場合は、背面との幅をどのくらいにするかを考える必要があります。一人でキッチンに立つ場合は約90cm、複数人で作業する場合は約120cmを確保すると良いでしょう。

>>収納はどうする?

壁付けタイプの場合は、収納スペースを確保するため吊り戸棚を活用することをおすすめします。対面タイプでダイニングとのつながり感を重視して吊り戸棚を設けない場合は、キャビネットに引き出しタイプを選べば収納量を増やすことができます。

>>メリットデメリット

壁付けタイプの場合は、狭いスペースでも設置が可能ですが、部屋の間取りによっては他の場所からキッチンが丸見えになってしまう場合が多いので、いつもすっきりキレイに収納やお手入れを心がける必要があります。一方対面タイプの場合は、I型に限らず、ダイニング側が見渡せるので、お子さんや家族の様子を見ながらお料理ができるので、最近では人気のレイアウトです。

itype_table

>>I型キッチンリフォーム実例

「白」から「赤」に大変身! 3種類の壁紙を組み合わせたおしゃれなキッチン「白」から「赤」に大変身! 3種類の壁紙を組み合わせたおしゃれなキッチン

キッチンが明るくなって気分一新! 驚きの収納力で料理が楽しくキッチンが明るくなって気分一新! 驚きの収納力で料理が楽しく


(2) 2列型キッチン

シンクとコンロを向かい合わせに配置したキッチンレイアウト。シンク・コンロ・冷蔵庫が三角形で結ばれることは多いため、動線が短く機能的なキッチンです。一人で作業するか複数人で作業するかによって、作業スペースの幅を考える必要があります。

iitype_illustration

>>動線をどう考える?

シンクとコンロを向かい合わせに配置するタイプ。設置スペースを抑えながら、効率的な動線を実現できます。対面タイプのI 型キッチンと同様、Ⅱ型キッチンも作業スペースの幅を考えておくことが必要。一人でキッチンに立つ場合は約90cm、複数人で作業する場合は約120cmの確保を。コンロはリビングダイニングから遠い方に配置するのがベター。油はねや油煙の広がりを抑えられます。シンクとコンロは真正面ではなく少しずらして配置すると作業がスムーズです。

>>収納をどう考える?

2列型キッチンの場合、キャビネットに多くの収納が確保できるため、どちらか一方の吊り戸棚をなくして開放的なキッチン空間にすることが可能。食器棚などの収納を別途設ける必要がないのもメリットだと言えます。電子レンジや炊飯器など調理家電の配置場所も計画しておきましょう。

>>メリットデメリット

横の動線が短いため作業効率が良く、間口が広く取れない場合などにもおすすめ。ただし、2列を設置するスペースは必要なのでご注意を。

iitype_table-1

>>2列型キッチンリフォーム実例

Retail018_TOP開放的な2列型キッチンにリフォーム。家族を迎えるウェルカムキッチン

家電はどこへ? まっさらな美しさを保つ収納プランまっさらな美しさを保つ収納プラン


(3) L型キッチン


ltype_illustration

>>動線をどう考える?

シンク、コンロ、そして一般的には冷蔵庫も合わせてL字に配置するタイプ。体の向きを変えるだけで水まわり・火まわりの移動ができ、Ⅱ型キッチン以上に作業動線がスムーズです。調理・配膳スペースや収納をたっぷり確保できるのも魅力。壁付けタイプと対面タイプの2種類から選ぶことができ、調理作業に集中したい場合はL字の2面とも壁に沿わせるレイアウトがおすすめです。L字の1面を壁に沿わせもう1面をダイニングに対面させれば、対面キッチンとしても使えます。対面タイプの場合は、油はねや油煙の広がりを抑えるために壁側にコンロを配置するのがベター。

>>収納をどう考える?

作業スペースが広々と確保できる反面、コーナー部分は奥行きがあるため使いづらく、デッドスペースになる場合も。作業台のコーナー部分は調理家電や果物などのストック場所として使ったり、グリーンを置くのも良いですね。キャビネットや吊り戸棚など収納のコーナー部分は可動式トレーなどの活用を。出し入れしやすい工夫をプラスすれば、奥のスペースも使いやすくなります。

>>メリットデメリット

ltype_table

>>L型キッチンリフォーム実例

いくつになっても安心して使えるように。夫婦ふたりのベストなキッチン

いくつになっても安心して使えるように。夫婦ふたりのベストなキッチン


(4) アイランドキッチン

islandtype_illustration

>>動線をどう考える?

シンクとコンロ、またはそのどちらかを含むカウンターを、独立させた「島」のように配置するタイプ。カウンターの両側が壁に接していないため、左右からキッチンに出入りが可能。開放感が楽しめます。一人でキッチンに閉じこもるのではなく、家族や友人とキッチンを囲んで大勢で調理作業ができるのがメリット。“見せるキッチン”としてデザインを楽しめる点も人気ですが、常に手元が丸見えになるためお手入れや片付けがプレッシャーになることも……。「島」の部分にコンロを配置すると、調理中の油汚れや匂いが周囲に広がりやすくなる点にも注意が必要です。コンロ前にパネルを設置して換気扇への空気の流れをつくるなど工夫を。

>>収納をどう考える?

アイランドキッチンは開放的な反面、収納量は少なめ。たっぷりモノが入る引き出しタイプのキャビネットを選び、収納量を増やすことがポイント。別途、食器棚や家電収納を設ける場合はアイランドキッチンの背面やサイドに配置すれば、作業動線もスムーズです。

>>メリット・デメリット

両側から出入りができるタイプのため、広いスペースを確保できる場合におすすめです。小さいお子さんがいるご家庭の場合は、お子さんが入ってきても片側から出て行くことができるので、行き止まりにならず安心だという声も。また、家族や友人など複数でお料理する時にスムーズに作業ができるのもメリット。

islandtype_table

>>アイランド型キッチンリフォーム実例

築40年をリノベーション。ブルーがアクセントのさわやかな空間築40年をリノベーション。ブルーがアクセントのさわやかな空間

家族の顔が見える開放感のあるアイランドキッチン家族の顔が見える開放感のあるアイランドキッチン


(5) ペニンシュラキッチン

peninsulatype_illustration

>>動線をどう考える?

カウンターの両端が壁に接しないアイランドキッチンとは異なり、カウンターの左右いずれかが壁に接するペニンシュラキッチン。アイランドキッチンのような開放感を叶えながら、コンロの横に壁があることで油汚れや匂いが周囲に広がりにくいというメリットがあります。アイランドキッチンよりも設置スペースは小さくて済むため、狭小住宅でも取り入れやすいプランです。

>>収納をどう考える?

アイランドキッチン同様、キャビネットには多くのモノを収められる引き出しタイプを選ぶのがオススメ。さらに背後のスペースに食器棚や家電収納や、腰高のカウンターなどを配置すると収納量と作業スペースを確保することができます。

>>メリット・デメリット

 peninsulatype_table

>>ペニンシュラ型キッチンリフォーム実例


Retail017_TOP

ホワイトキッチンとアクセントカラーがつくる北欧風インテリア


(6) U型(コの字型)キッチン

>>動線をどう考える?

シンク、コンロ、冷蔵庫をU字に配置するタイプ。L型キッチンよりもさらに機能的で、体の向きを変えるだけで別の作業に移れます。L型キッチンと同様、調理・配膳スペースが広いこと、大容量収納を実現できる点がメリット。料理でお客さまをもてなすのが好きな人、日常的に手の込んだ料理や品数を多くつくる人におすすめのキッチンです。U型キッチンには広いスペースが必要なので、LDK全体のバランスを考えてプランニングする必要があります。

>>収納をどう考える?

L型キッチンと同様、コーナー部分がデッドスペースになりがち。作業台のコーナー部分は調理家電や果物などのストック場所として使ったり、ちょっとしたグリーンを置いたりするのにぴったり。ダイニング側のコーナーは、コーヒーサーバーなどを置いてカフェスペースにも便利です。キャビネットや吊り戸棚など収納のコーナー部分は可動式トレーなどの活用を。出し入れしやすい工夫をプラスすれば、奥のスペースも使いやすくなります。

>>メリットデメリット


utype_table

実物を確認してイメージをふくらませよう!

キッチンは毎日使う場所だからこそ、「人気があるから」「デザインが好きだから」といった理由でレイアウトを選ぶのではなく、それぞれの特徴を知った上で「自分のライフスタイルに合うか」をイメージして選ぶことが大切です。写真やカタログで確かめづらい“動線”については、実際にショールームのキッチンに立ってみるのがオススメ。きっと理想のキッチンに出会えるはずです。

おすすめ記事

わが家に一番フィットする、使いやすいキッチンレイアウトの見つけ方

キッチンリフォームNOTEで夢を具体化しよう!

みんなのキッチン事例

はじめてのキッチンリフォーム相談室

関連記事

一覧へ戻る