事例で学ぶ納得のキッチンリフォーム費用相場。あなたにぴったりの選び方が見つかる

キッチンは、たいてい10年程度でリフォームの時期がきます。しかし、どのくらいの費用が掛かるのかという点や具体的なリフォーム範囲などはよく分からないという声も多いのが事実です。

そこで、この記事ではリフォームの相場やプラン例を紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

キッチンリフォームの費用相場・平均について

キッチンリフォームの目安は約10~20年

キッチンリフォームの目安は約10年

キッチンは毎日使う場所で、長年使っていると傷みや劣化が生じてきます。機器類の寿命は10年、キッチンの耐用年数は20年がリフォームの平均時期とされ、新しい台所ユニットに交換する方が多い期間です。

新しいキッチンにリノベーションすると、気分もフレッシュになりますね。

長年使っているキッチンは、一見綺麗に見えても気づかないところで劣化が進んでいます。テーブルトップの部分に食器や調理器具を置くことで細かな傷が付いていたり、ガスコンロに汚れが蓄積したりしていることも多くあります。

キッチンをすべて取り換えるリノベーション工事までは不要でも、コンロ部分と換気扇のみ、シンク周辺のみといったリフォーム方法もあるため、一度点検してみることをおすすめします。

キッチンリフォームの平均費用

キッチンリフォームの平均費用

キッチンリフォームは、50~70万円の価格帯で予算を組まれることが多くなります。

この金額だと、スタンダードで一般的なタイプのシステムキッチンから洗濯することが可能です。キッチンは使いやすさ重視で、とくにインテリア性の高さや豪華さを求めないという方におすすめの値段設定といえます。

住宅は新築してから年数が経つと、あちこちに不調が出てくるものです。台所だけでなく、建物の外壁、照明器具、空調システムなどあらゆる箇所が同時にメンテナンスが必要になることも多いですよね。

そのため、家計と相談しながら無理のない予算に設定して考えてみましょう。

キッチンリフォームの費用は幅が広い

キッチンリフォームの費用は幅が広い

キッチンのリノベーションは、10万円以下の小規模なタイプから、200万円を超えるような高額なシステムキッチンに入れ替えるような方法まで幅広いのが特徴です。

コンロの火元の口数が多いタイプにリフォームしたり、シンプルなI型のキッチンの交換をしたりする事例では、費用は比較的小規模となります。

最近では、お手入れの楽なIHタイプのコンロにリフォームする事例も多くあります。

コンロを別のタイプに交換するだけなので、値段も工事期間も少なくて済みます。 オール電化にもできて省エネという点も人気のポイントです。

一方で、キッチンの状況にもよりますが、年数が経っていればキッチンパネルや床材も合わせてリフォームすることになるため、費用も比較的高額になりやすいといえます。

また、リフォームの値段を気にしないのであれば、元々のキッチンの間取りを変更して、アイランドキッチンなどの対面型タイプにリノベーションすることも可能です。

どんなキッチンにするかイメージするためにも、ぜひ最初に費用をある程度決めておきましょう。

キッチンリフォーム費用の内訳について解説

システムキッチン本体の費用

システムキッチン本体の費用

システムキッチンとは、流し台や調理台、コンロや収納といった各部分が一体となっており、セットで設置できるキッチンのことを指します。

セパレートのキッチンはワークトップに段差がありますが、システムキッチンはフラットなので使い勝手が良くなります。

収納

システムキッチンは収納スペースが多く、大家族にも対応できますね。

フライパンなどの大型の調理器具も比較的ゆったり収納できるコンロキャビネットや、菜箸やフライ返しなどの小物用のフォローパレットなど色々な大きさが揃っています。

水まわり

システムキッチンの水回りは、シンク、水栓金具、ワークトップなどのパーツから成ります。

ワークトップは食材を調理して汚れやすいため、ステンレス製のタイプやドット柄の加工で防汚対応してあるものがおすすめです。

火まわり

火まわりには、コンロなどの加熱機器、レンジフードなどが含まれます。

加熱機器は従来からのガスコンロのほか、IH対応のタイプも比較的人気が高いタイプです。長年使ってきて油汚れなどが染みついているレンジフードは、リフォームで交換するとかなりすっきりします。

取り付け工事などの費用

取り付け工事などの費用

キッチンのリフォーム費用には、既存のキッチンを撤去するための工事費用と廃材処分費用、新しいキッチンの取り付け費用などが含まれます。

また、雑費としてリフォーム作業をする職人の人件費、交通費といった費用も掛かってきます。

キッチンリフォームの見積もりの際は、本体の費用だけでなく、各種作業費用などもチェックして相場を把握しておくのをおすすめします。

見積もり費用は基本的に無料のリフォーム業者が多いため、相場を知るためにもぜひ気軽にリノベーションの相談をしてみましょう。

費用別のキッチンリフォームプラン例を紹介

ここでは、キッチンのリフォームのプラン事例を費用別に紹介していきます。

相場より比較的高い費用設定のタイプもありますが、機能や仕様が充実していて使いやすいものばかりなので、ぜひチェックしてみましょう。

リフォーム費用【50万円以下】

リフォーム費用【50万円以下】

50万円以下の費用だと、セクショナルキッチンのリフォームが可能です。システムキッチンとは違ってコンロや水まわりのパーツが別々ですが、その分価格が抑えめで気軽に取り付けられますね。

費用は相場より比較的安めですが、機能は十分便利に使えます。お手入れも簡単なステンレス加工のタイプや、可愛らしいカラーのタイプもあります。

キッチンのガスコンロ部分だけリフォームしたいという場合や、水まわりのシンクだけ交換したいというときにも対応可能な場合があります。

現状のキッチンの状態にもよるため、気軽にメーカーに相談してみましょう。

リフォーム費用【50~100万円】

リフォーム費用【50〜100万円】

50~100万円の費用は、キッチンリフォームの価格帯のボリュームゾーンとなります。

キッチンを一式取り替えて新しくしたいという方は、最低限このくらいの費用相場を見積もっておくと安心です。

このような壁付けタイプなら、限られたキッチンのスペースを有効に使えます。

扉のデザインは、長い年月をかけて風化した鉄のような、ラスティブラウンの模様が素敵ですね。このように、普通の木目やプラスチックの扉だけでなく、遊び心のあるタイプも選べます。

また、システムキッチンの部分だけでなく、食器類を収納するキャビネットも同じデザインで揃えることも可能です。キッチン全体を統一したデザインにすれば、インテリア的にもおしゃれでしょう。

リフォーム費用【100万円~200万円】

リフォーム費用【100万円〜200万円】

100~200万円の費用にすると、写真の事例のようにペニンシュラキッチンやアイランドキッチンなどの広めのタイプにもリフォーム可能です。

現状が壁付けタイプでも、リノベーションで別のタイプに変更することもできますよ。

ワークトップには、セラミックやコーリアンなどの上質な素材が使われることが多いです。傷が付きにくい強靭なプロダクトで、熱や洗剤などの科学的な影響も受けにくくなっています。

写真で見ると低価格なタイプと変わりないように感じますが、やはり高級感のあるキッチンは高品質な仕上げになっており、本物は違うという声が多いです。

できればショールームや店舗で実物を確認してみるのがよいでしょう。

「100〜150万円」のプランを見てみる >

「150〜200万円」のプランを見てみる >

リフォーム費用【200万円以上】

リフォーム費用【200万円以上】

200万円以上の費用があれば、思い通りのキッチンが作れるでしょう。

写真の事例はアイランドタイプで、調理や後片付けの作業がしやすく人気のデザインです。キッチン内での直線の移動距離が短くなり、ちょっと向きを変えるだけで次の作業に移ることができます。

白やブラウン、シルバーのコントラストが美しく、インテリアにも自然に馴染みます。キッチンは毎日使う場所なので、お気に入りのデザインで毎日を快適に過ごしたいですよね。

システムキッチンだけでなく、収納キャビネットも揃えてリフォームできるのでリビングの家具ともあつらえたような仕上がりになりますよ。

また、仕様変更すればオーブンレンジや食器洗い乾燥機をビルトインにすることも可能です。

「200〜300万円」のプランを見てみる >

「300〜400万円」のプランを見てみる >

「500万円~」のプランを見てみる >

 

キッチンリフォームの費用を安く済ませるには?

形状は現状と同じタイプを選ぶ

形状は現状と同じタイプを選ぶ

キッチンには、シンプルな壁付けタイプから半島型のペニンシュラ、完全独立のアイランド型などさまざまな形状があります。

リフォームで壁付けからアイランド型に変更する事例も多くありますが、このような方法は費用が高くなるため注意が必要です。

大幅に形状が変更になると、壁面や床面の張り替え工事など大規模な改修作業が必要になってしまいます。

また、シンクの位置やコンロの位置によっては配管、電気工事も発生することがありますので覚えておきましょう。

また、同じ形のキッチンにリフォームする場合にシンクやコンロの位置が変更にならないか、事前に確認するようにしましょう。

ステンレス素材がおすすめ

ステンレス素材がおすすめ

キッチンのワークトップやシンクの素材は、ステンレス製を選ぶのがおすすめです。

ステンレスは鉄やクロムを原料とした合金で、さびにくく強い素材として広く使われています。家具や家電などに用いられることが多く、身近な素材ですね。

ステンレス製のキッチンはシンプルなデザインで、どんなインテリアにも合いやすいでしょう。費用も抑えめにできて、一石二鳥です。

さらに毎日のお手入れを楽にするなら、シンクから排水口までが1枚のステンレスでできているタイプがおすすめです。

ちょっとした溝に汚れが溜まるのを防ぎ、カビや水アカの発生を抑えて清潔に保てますね。

ただし、ステンレスは見た目が安っぽく見えてしまうのがデメリットといえます。費用に余裕があれば、高級感のある人工大理石などの素材もおすすめです。

火まわりの器具変更は同タイプにする

火まわりの器具変更は同タイプにする

キッチンのリフォームでは、ガスコンロからIHコンロにすることや、その逆も可能です。

しかし、別のタイプのコンロに変更する場合には、同じタイプ同士の倍程度の費用が掛かってしまいます。費用面重視であれば、同じタイプで選ぶのがおすすめです。

また、最新のコンロは自動消火機能、魚焼きグリルの両面焼きタイプなど付加機能を付けた製品が多くあります。

中には、スマートフォンと連動してレシピに合わせた最適な温度に自動設定してくれるものまで登場しています。

しかし、コストカットするならなるべくシンプルな機能に絞った方がよいでしょう。家族の人数が少なければ、3口コンロではなく2口でも十分なケースも多くあります。

本当に使う機能だけを選べるよう、しっかり検討しましょう。

ブーツ型のレンジフードを選ぶ

ブーツ型のレンジフードを選ぶ

レンジフードとは、コンロの上に付いている換気扇のことを指します。

最近のトレンドとしては、コンパクトなスリム型、フラットタイプなどが人気です。しかし、大きなブーツ型のレンジフードのほうがリフォーム費用を抑えめになります。

キッチンリフォーム計画での注意点

見積内容を確認する

見積内容を確認する

キッチンのリフォームは、新築時と比較すると内容が複雑になりがちです。

現状の部屋寸法に合うように現場調査をしたり、既存の設備を撤去したりする費用が掛かってしまうためです。分からない点があれば、契約前にしっかり確認しておきましょう。

また、綺麗にリフォームするために、床材の張り替えや配管工事のやり直しが必要になる場合もあります。

最初に思っていたよりも高額になってしまうことも考えられますので、あらかじめ余裕を持った費用計画にしておきましょう。

実物をチェックするのがおすすめ

実物をチェックするのがおすすめ

最近は商品カタログやWEBショールームなどが充実しており、実物を見ずに紙面や画面上だけで設備を選ぶケースも多いです。

とくにこだわりがない場合、それでも問題なくリフォームできますが、やはり実物を見てから決めるのがおすすめです。

商品の手触りや質感は、実物を見ないと分からないことも多いですよね。また、紙面上では必要ないと思った機能も、実物を見て体感すると便利さを実感できる場合もあります。

そんな時は実際の商品が確認できるショールームに足を運んでみるのがおすすめです。

費用をチェックして賢くリフォームしよう

キッチンを長年使っていると、必ずリフォームが必要になります。そんな時はキッチンを新しく一新してみたいといった気持ちになりますよね。

その際はショールームに行ってみましょう。ショールームでは予算に合わせてひとりひとりの希望に合ったリフォーム内容を検討してくれます。

きっとあなたの希望にもぴったりの方法が見つかるはずです。

クリナップのショールームで理想のキッチンライフをリアルに体験!

関連記事

一覧へ戻る