【特集】暮らし方から考える、収納×間取り術

家族構成やライフスタイルによって、使いやすい収納や家事動線は変わってくるもの。子育て中は、片付けてもすぐに散らかってしまったり、成長につれてモノが増え続けます。一方、子どもが巣立つと夫婦2人に戻り、モノの持ち方を見直す時期に。こちらでは、プロのおふたりを迎え、暮らしにそった収納や間取りの考え方を、連載でお届けします!

ookuma_prof

大熊千賀 先生

暮らしStyle代表。住宅収納スペシャリスト、整理収納アドバイザー、ルームスタイリスト・プロとして活動。また認定講師として育成にも力を入れている。クリナップショールームにて収納リフォームセミナー、他講師を務め、受講者は10年で12,000人超。3児の母でもあり、「笑顔のある暮らし」を目指し、ライフスタイルに合わせた整理・収納法を提唱している。

ichimura

市村千恵 先生

二級建築士、インテリアコーディネーター、整理収納アドバイザー1級として、年間120件以上のリフォーム収納相談、プランニングをこなす。社会人スクールにてCAD講師15年の経歴を持ち、担当した講座からは1,000名以上のCAD技術者を輩出。リフォームイベントでのセミナーも多数開催している。

片付かない理由と改善のコツを学ぼう!

53_TOP

家族が心地よく過ごす家。そんな空間が、片付かないことでイライラがつのる場所にならないように、「片付かない理由」「片付けやすい仕組みをつくるポイント」を解説します。「整理」「収納」「片付け」、似ているけど実は全く違う、この3つの言葉の違いを理解するところから考えていきましょう。『整理収納の5つの鉄則』もご紹介します!

nextarticle7

家族と過ごす間取りリフォームのポイント

54_TOP

キッチン、ダイニング、リビングが組み合わさったLDKは、家族との暮らしの真ん中にある場所です。キッチンのリフォームを検討し始めたら、ダイニングやリビングのことまで考えたいところ。「大まかな間取りをイメージする」「暮らしをイメージする」「賢く計画する」の3つの視点から、キッチンを中心としたLDKの間取りについて、考え方をお伝えします。

nextarticle7

vol.1 イライラしない!子育て中でも自然と片付く暮らし

小さなお子さまがいるご家庭のママは、家事や子育てに大忙し。片付けに手が回らなかったり、片付けてもすぐに散らかってしまって、イライラが爆発してしまう!という方も多いのではないでしょうか。今回は、子育て中でも自然と片付く暮らしが実現できる、収納と間取りについてお伝えします。

【収納編】

イライラしない!子育て中でも自然と片付く暮らし【収納編】

子育て中は、できるだけ家事を時短にして、ちょっとの片付けだけで快適な暮らしを送りたいものですよね。おうち時間が楽しくなるように、今回は片付け時間とイライラを軽減し、片付けが習慣になるリビングダイング収納のポイントをお伝えします。

nextarticle7


【間取り編】

イライラしない!子育て中でも自然と片付く暮らし【間取り編】

「片付けができない」「一生懸命片付けているのに、すぐ散らかる」という不満をお持ちの方も多いと思いますが、自然と片付く家が叶えば夢のようですよね。実は、「モノが少ない家」「片付けやすい間取りの家」という条件を満たすことで実現することができるのです。実際の間取りビフォーアフターをモデルに、具体的な問題点と改善点を詳しくご紹介していきます。

nextarticle7

vol.2 子供服や勉強道具、増えるモノと上手に付き合う暮らし

子どもの成長やライフスタイルの変化などにより、モノは多くなっていく傾向にあります。どんどん増えていくモノと上手に付き合って暮らしていくにはどうしたら良いのでしょうか?

【収納編】

vol.2 子供服や勉強道具、増えるモノと上手に付き合う暮らし【収納編】

学校のモノだけではなく、塾のモノ、さらには習い事、趣味のモノ、思い出など、増え続けるモノと上手に付き合うコツは、「自分で管理できる量を使いやすく指定席に収めること」。増えやすいモノの適正量を決め、1、2、3軍に分けて収納することで、子どもにも分かりやすく、使いやすい収納が実現できます。

nextarticle7


【間取り編】

vol.2 子供服や勉強道具、増えるモノと上手に付き合う暮らし【間取り編】

収納スペースをつくりながらもスッキリ快適に暮らすにはどうしたら良いのでしょう。「適所適量の収納とくつろぎ空間のある家」について、ビフォー&アフターでご紹介していきます。今回は実際のマンションの間取りを使って、具体的な問題点と改善点を示していきます。

nextarticle7

vol.3 子供が独立したら見直したい夫婦の暮らし

子どもが巣立って夫婦ふたりだけになると、寂しさを感じる一方で、暮らし方を見直す良いきっかけにもなります。これからの新しい生活を存分に楽しむためのヒントを、収納や間取りの視点からお伝えいたします。

【収納編】

67_TOP_3

あなたはこれからどんな暮らしをしていきたいですか? 夫婦二人になり、第二の人生をどのように過ごすのかを考えてみましょう。何となくモノを処分する、片付けるのではなく、目的を持って片づけることが効果的です。100年時代と言われる未来のために、今から準備していきましょう。

nextarticle7


【間取り編】

68_TOP

子どもが独立したら、ご夫婦でどう過ごすかを考えるよい機会! 将来を見据えたリフォーム計画がポイントです。今回は、時間の流れをくつろぎながら楽しむような、北欧風「ヒュッゲな暮らし」を実現する間取りの例をご紹介します。『限られた空間』で『適量のモノで豊かに暮らす』という視点で、ビフォー&アフターを見ていきましょう。

nextarticle7

 

vol.4 週末の準備!孫が遊びに来る暮らし

子ども夫婦やお孫さんが遊びに来る週末を楽しみに待つのは、とてもウキウキしますよね。しかしながら、ご自宅で暮らす主役は自分たち。週末のために小さな子ども用のおもちゃが溢れて片付かなくなってしまったり、使いにくい動線になってしまわないように、みんなが快適に過ごせるヒントをお届けします。

【収納編】

69_TOP

子どもたち家族が遊びに来てくれる度に、にぎやかで楽しい時間が増えるでしょう。ただ、子どもたち家族のことを考えすぎて、面倒や窮屈さを感じてしまうのは避けたいもの。ご夫婦の生活を快適に保ちながら、子どもたち家族も「使いやすく分かる収納」にしておきましょう。

nextarticle7

【間取り編】

70_TOP

週末、大人数のお食事の準備やお孫さんのお世話などでいつも以上に動き回り、一日が過ぎるとすっかり疲れてしまうといったご経験もあるのではないでしょうか。これらは、家の中の動線や配置を見直すことで、解消できるかもしれません。フレキシブルに対応する間取りのポイントをご紹介します。

nextarticle7

リフォームコーディネーターに相談しよう!

片付くしくみや、間取りの考え方について学んで、実際にご自宅の収納や動線について見直してみようと思った方も多いのではないでしょうか。「オープンなキッチンに憧れているけど、毎日の片付けはうまくいくかしら?」「対面型のキッチンにするには、今の広さでは足りないかも・・・」など、今のお部屋を見渡して不安を抱いている方、まずはお気軽にリフォームコーディネーターに相談してみませんか? 今すぐリフォームを考えている方も、まだまだ先の話という方も、いつでもお声がけくださいね♪

Click me

おすすめ記事

-->

はじめてのキッチンリフォーム相談室

関連記事

一覧へ戻る