アイランドキッチンがある間取りを考えるヒント集

料理好きな人が一度は憧れるアイランドキッチン。
おしゃれなデザインであるというのはもちろんですが、キッチンがリビング・ダイニングとつながっている開放的な間取りになり、キッチンにいながら家族や遊びに来てくれたゲストと一緒の空間で楽しめるので、憧れる人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、アイランドキッチンの魅力や、実際にリフォームする際にかかる金額を、事例を踏まえてご紹介します。
憧れのアイランドキッチンのある間取りを考えてみましょう。

アイランドキッチンとは

アイランドキッチン

あらためて、アイランドキッチンとは、どんなキッチンのことをいうのでしょうか。
シンクとコンロ、またはそのうちのどちらかを含むカウンターを、独立させた「島」のように配置するキッチンレイアウトのことをアイランドキッチンといいます。カウンターの両端が壁に接していないため、左右どちらからでもキッチンに出入りすることが可能です。開放的で、大勢で料理を楽しめるのがこのキッチンの特徴です。
ちなみに、片側のカウンターが壁に接しているキッチンを「ペニンシュラキッチン」と呼びます。アイランドキッチン同様、開放的なレイアウトですが、アイランドキッチンよりも設置スペースは小さくて済むため、狭小住宅の間取りでも取り入れやすいのが特徴です。

アイランドキッチンの動線

快適なキッチンにするために『ワークトライアングル』を意識した配置にするとよい、とされています。ワークトライアングルは、<冷蔵庫><シンク><加熱機器(ガスコンロ・IHクッキングヒーター)>を結んでできる三角形のことです。3辺の合計が360~660㎝の範囲になっていると、動きやすく、使いやすいキッチンの目安とされています。

アイランドキッチンの場合は、基本的には「島」部分にシンクとコンロが横並びに設置されていることが多いので、背面に冷蔵庫を置くと、ワークトライアングルを快適にすることができます。さらに不足しがちな収納面は、パントリー式の食器棚と家電収納カウンターを設けるとよいでしょう。

アイランドキッチンの動線

キッチンの動線についての詳細はこちらへ
▼快適なキッチンの決め手は動線と収納!動きやすく使いやすいレイアウトのポイント

アイランドキッチンの収納

アイランドキッチンは開放的な反面、キッチンの上のモノが散乱しても、隠せないところが難点です。常に、使ったモノをしまえるような工夫をするように心がけましょう。
アイランドキッチンには、リビング・ダイニング側のカウンター下に収納を設けられるタイプがあります。そちらを食器収納として使うことはもちろんですが、リビング・ダイニングでよく使うものを置いたり、インテリアスペースとして使ったりすることも可能です。作業動線を考慮するのであれば、食器棚や調理家電を置くカウンターを背面に設置することをおすすめします。

アイランドキッチンのメリットデメリット

アイランドキッチンは、両側から出入りができるタイプなので、広いスペースを確保できる場合におすすめです。小さいお子さんがいるご家庭の場合は、お子さんがキッチンに入ってきても、片側から出て行くことができるので、行き止まりにならず安心だという声もあります。また、家族や友人など複数でお料理する時にスムーズに作業ができるのもメリットとして挙げられます。

しかし、アイランドキッチンは“見せるキッチン”としてデザインを楽しめる点が人気な反面、常に手元が丸見えになっているため、お手入れや片付けがプレッシャーになることもあります。
また、「島」の部分にコンロを配置すると、調理中の水はねや油汚れ、匂いや煙などがリビング・ダイニングに広がりやすくなる点も注意が必要です。その場合は、コンロ前にパネルを設置して換気扇への空気の流れをつくるなど、工夫をするとよいでしょう。

●メリット

  • 左右どちらからでも出入りが可能。そのため作業動線がよい
  • 開放感があり、リビング・ダイニングにいる家族ともコミュニケーションが取りやすい
  • 大勢で作業がしやすい
  • スタイリッシュな空間が楽しめる
  • 自由な空間設計が可能

●デメリット

  • 広いスペースが必要
  • キッチンが丸見えになりやすい
  • 油はね・水はね、匂いや煙などがリビング・ダイニング側に広がりやすい
  • 収納スペースが少なめ

キッチンにも“寿命”があるんです

アイランドキッチンを実際に設置する場合、どれくらいのお金がかかるのか気になりますよね。
そこでクリナップの人気システムキッチンのラインナップから、アイランドキッチンのお値段を事例と合わせてご紹介します。

最高級ステンレスキャビネットキッチン<CENTRO>

●やさしい風合いが楽しめる天然木突板扉

最高級ステンレスキャビネットキッチン:CENTRO

やさしい風合いが楽しめる天然木突板扉は、リビングの家具とも相性がよく調和します。壁面収納にも作業スペースが設けられ、キッチンに併設されたリンクカウンターは、様々な用途で活躍します。

▼最高級ステンレスキャビネットキッチン:CENTRO

キッチン部分 約625万円
収納部部分 約410万円
写真セット価格 約1,035万円

キッチンの詳細はこちら

●パーティ料理も快適なアイランドキッチン

最高級ステンレスキャビネットキッチン:CENTRO

自由な動線をかなえるオープンタイプのアイランドキッチン。お料理教室や、たくさんの人に手伝ってもらうパーティ料理も、開放感のあるアイランドキッチンなら快適に行えます。

▼最高級ステンレスキャビネットキッチン:CENTRO

キッチン部分 約394万円
収納部部分 約238万円
写真セット価格 約632万円

キッチンの詳細はこちら

ステンレスキャビネットキッチン<STEDIA>

●ウッディな床と木目のアイランドキッチンで開放的なLDK

ステンレスキャビネットキッチン:STEDIA

こちらはシンクとコンロが分かれたタイプのアイランドキッチンです。自由で開放的なLDKをイメージして、ウッディな床と白い壁に重厚な木目のアイランドキッチンをコーディネートしています。

▼ステンレスキャビネットキッチン:STEDIA

キッチン部分 約378万円
収納部部分 約41万円
写真セット価格 約419万円

キッチンの詳細はこちら

●ミルフィーユチークの扉でコーディネートしたリビングダイニング

ステンレスキャビネットキッチン:STEDIA

キッチン全体と周辺の収納を全て、ミルフィーユチークの扉でコーディネートしたこちらのアイランドキッチン。ダイニング側に飾り棚を設けたことで、キッチンとダイニングがうまく調和しています。

▼ステンレスキャビネットキッチン:STEDIA

キッチン部分 約254万円
収納部部分 約98万円
写真セット価格 約352万円

キッチンの詳細はこちら

システムキッチン<ラクエラ>

●北欧スタイルの空間に藍染め調の木目キッチン

システムキッチン:ラクエラ

上質でシンプルな北欧スタイルの空間に藍染め調の大人びた木目扉のキッチンと、上品なホワイトの収納がコーディネートされたアイランドキッチン。それぞれの木のぬくもりに、2つの異なるブラック取手をアクセントにしていてデザイン性もよいキッチンです。さりげなく個性的な空間を演出しています。

▼システムキッチン:ラクエラ

キッチン部分 約230万円
収納部部分 約83万円
写真セット価格 約313万円

キッチンの詳細はこちら

●ラスティチャコールの扉で落ち着きをプラス

システムキッチン:ラクエラ

ラスティチャコールの扉で、落ち着いた大人っぽさをプラスしたアイランドキッチン。ファミリー感に偏らないアイランドスタイルの新しい提案で上質なこだわりの空間を創り出しています。

▼システムキッチン:ラクエラ

キッチン部分 約230万円
収納部部分 約58万円
写真セット価格 約288万円

キッチンの詳細はこちら

おわりに

開放的な間取りのLDKで主役にもなるアイランドキッチン。料理が好きな人や、大勢でキッチンを利用する人にはおすすめのキッチンレイアウトだといえます。
アイランドキッチンを選ぶ際は、お家の間取りはもちろん、作業動線や生活動線、ご自身のライフスタイルを考慮した上で選んでみてはいかがでしょうか。
ぜひ、あなたのこだわりのキッチンを探してみてください。

キッチンリフォームNOTE

関連記事

一覧へ戻る