デッドスペースを作らない!シンク下収納の徹底活用術

キッチン収納が散らかってしまう原因の一つは、モノの住所が決まっていないこと。場所が決まっていないから、しまう度に悩んでしまって時間がかかる。無理に押し込むせいで、取り出しにくく、散乱してしまう。そうならないためにも、モノの定位置を決めることが必要です。今回はスペースが広い分、散らかりやすい「シンク下収納」に注目。100円ショップやホームセンターのグッズを使って整理整頓できる収納術をご紹介します。

シンク下、何を収納するのが正解?

シンク下収納に入れるモノ、入れてはいけないモノとは?

シンク下収納は水まわりにもっとも近いため、食材の下ごしらえに使うまな板・包丁・ボウル・ザル、煮炊きに使う鍋やフタ、食後の後片付けに使う洗剤類・スポンジ・ゴミ袋などの収納に適しています。お皿類を収納しておけば、盛り付けから後片付けまでの動線が短くなり、家事の手間を減らすこともできます。

逆に、湿気の多い場所でもあるため、乾物・粉物など食品の保存には向いていません。食品は、別の収納か冷蔵庫へ。また、火に直接かけるフライパンなどはシンク下収納ではなく、コンロ下に収納するのがおすすめです。

シンク下収納、3つのタイプと収納術

扉タイプの収納術

従来のキッチンに多い、開き扉タイプの収納。引き出し(スライド)タイプとは異なり、空間が多い反面、奥に入れたモノが取り出しづらい、収納物の上部が空いてデッドスペースになるといったデメリットも。

扉タイプのシンク下収納は「高さを区切る」のが鉄則。コの字型ラック、突っ張り棒などで調理器具や食器などに合わせて区画をつくりましょう。モノの場所がわかりやすくなり、キッチン作業もスムーズです。

引き出しタイプの収納術

奥の方に収納したモノも、上からさっと出し入れできる引き出しタイプのシンク下収納。かがむ必要がなく、体への負担も抑えられます。

引き出し式の収納の基本は「立てて収納する」こと。鍋やボウルなどを入れ子のように重ねて収納してしまうと、下のモノを出す際にすべてを出さなければならず不便です。ファイルボックスや突っ張り棒で空間を区切って立てて収納すれば、片手でさっと出し入れできます!

オープンタイプの収納棚

機能的に使えるオープンタイプの収納。炊飯器などの家電を入れたり、ゴミ箱を収納したりと、自由にアレンジできるのが魅力です。一方で、収納方法によっては、かえって散らかって見えるというデメリットもあります。

オープンタイプの収納で考えておきたいのは、衛生面。キャスター付きのラックなどを利用して、さっと床面の掃除ができるようにしたり、よく使う茶碗・汁椀などはカゴなどに入れてまとめ、キッチンクロスで覆っておくのもおすすめです。

シンク下収納を劇的改善!おすすめグッズ5選

モノの位置を一発把握《ファイルボックス》

100円ショップなどで売られているファイルボックスは、引き出しタイプの収納で大活躍。鍋、食器、ボトル調味料などを立てて収納する際に便利です。白色のボックスファイルで統一すれば見た目もきれいに。

高さを区切って細分化《コの字ラック》

コの字ラックは、扉タイプの収納に重宝します。調理道具が入るように積み重ね、鍋やボウルを収納。高さをフル活用でき、収納量をアップすることができます。軽いモノは上の段、重いモノは下の段へ。トレーにモノを載せてスライドのように引き出せるようにすると、奥行きを有効活用することができます。 

                    ★コの字ラック活用例

扉裏にも収納空間を《突っ張り棒》《タオル掛け》

扉の裏側にも収納スペースを増やすことができます。
扉タイプの場合は、吸盤付きのタオル掛けを、鍋蓋やゴミ袋の収納場所として活用!ボトルに詰め替えた洗剤をひっかけて収納することもできます。
引き出しタイプの収納の場合は、扉の裏側に伸縮式の突っ張り棒を渡すだけで、隙間収納に。
どちらのタイプも、扉の裏面に吸盤付きのフックを取り付けて、ビニール袋や輪ゴムなど小物の保存場所にするのも良いですね。 

                ★突っ張り棒を利用した収納例

まとめ

シンク下収納は、無計画にどんどん入れてしまうとカオス状態に陥ってしまいがち。それぞれのモノの「住所」を決めて、単に“入れば良い”のではなく“出し入れしやすい”収納を目指しましょう。機能的に収納されているキッチンは快適なだけではなく、作業がスムーズになり時短にもつながります。キッチン全体の収納計画の立て方については、「キッチン収納BOOK」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。

おすすめ記事

20年前のキッチンあるある!今どきキッチンとは何が違う?

キッチン収納ブック

関連記事

一覧へ戻る