シンク下収納を使いやすくしよう!3つのポイントと収納グッズ活用術

キッチン収納にお困りではないでしょうか。

フライパンや鍋、包丁、ボウルなどの調理器具や、料理に必要不可欠で何かと出番の多い調味料、大きなお皿や、ホットプレートなどの調理家電、シンク周りを清潔に保つためのお掃除道具など…
使いやすい状態にしたいのに、キッチン収納の中でも特に色々なモノで溢れてしまいがちなのがシンク下収納。

正しいシンク下収納をマスターすることができれば、あなたのキッチンは今までよりもっと使いやすくなり、毎日快適なキッチンワークができるようになることでしょう。
今回は、マスターしておきたいシンク下収納のノウハウを、ポイントと収納グッズの活用術を交えてご紹介します。

シンク下収納 3つのポイント

img-article-79-03

ごちゃごちゃしてしまいがちなシンク下収納をスッキリ使うために、押さえておきたいポイントを3つご紹介します。

<シンク下収納 3つのポイント>

  1. 入れるべきもの、入れるべきではないものを把握する
  2. 動線を意識する
  3. デッドスペースを作らない

まず、入れるべきもの、入れるべきではないものを把握する、動線を意識するについてご説明します。

水回りに最も近いシンク下収納は、作業動線を考えて水回りで使用する調理器具を収納するとよいと考えられます。お鍋はコンロの上で使いますが、一番初めに水を入れることが多いので、シンク下に収納しておくとよいでしょう。フライパンなどは直接コンロで火にかけて使うので、コンロ下収納が適しています。

また当たり前ですが、水回りなので、湿気に弱いものなどは収納に向いていません。

<シンク下収納に適しているもの>

まな板、包丁、ボウル、ざる、鍋や鍋蓋、掃除用品、皿など

<シンク下収納に適していないもの>

食品、フライパンなど

続いて、デッドスペースを作らないについてです。

シンク下収納はシンクの下の配管が組み込まれている関係で、意外とスペースが限られてしまいます。効率よく収納をするためには、より工夫が必要になります。100円均一でも手に入る収納グッズを使用して、スッキリとまとまった収納場所を作ると良いでしょう。

デッドスペースを作ってしまうと収納スペースがその分狭くなってしまうので、シンク下収納のタイプに合わせたグッズを活用するのがオススメです。

シンク下収納のタイプ

スッキリと心地よいシンク下収納を作るために、まずはシンク下収納の3つのタイプを把握しておきましょう。シンク下収納の主な形は以下の3つです。

<シンク下収納のタイプ>

  1. 扉タイプ
  2. 引き出しタイプ
  3. オープンタイプ

1. 扉タイプ

image-116

扉タイプは、従来のキッチンに多く、シンク下収納の中でも一番ポピュラーな形だと言えます。

メリットは何と言っても空間の広さ。大きな空間でたくさんのものが収納できます。ですが、その空間の広さがデッドスペースを生み出してしまうため、デメリットにもなってしまいます。空間をうまく使った収納方法を試してみましょう。

<扉タイプにオススメの収納方法>

高さを区切って、収納する区画を作る

<扉タイプにオススメの収納グッズ>

コの字型ラック、トレーなど

2. 引き出しタイプ

image-117

最近のシステムキッチンに多く導入されているのが、引き出しタイプです。引き出しタイプは、奥の方に収納していたものも簡単に取り出すことができ、出し入れがスムーズで、使い勝手が良いのが特徴です。扉タイプのように取り出す際に覗き込んだり、かがんだりする必要がないので、身体にも優しい設計となっています。

引き出しタイプは「立てる収納」を心がけましょう。引き出しの中を上手に区切ってあげるのがポイントです。

<引き出しタイプにオススメの収納方法>

収納は立てる!重ねるのはNG

<扉タイプにオススメの収納グッズ>

ファイルボックス、突っ張り棒など

3. オープンタイプ

オープンタイプは、炊飯器や電気ケトルなどの家電を入れたり、ゴミ箱を収納したりと、使う人の好みや動線によって自由にアレンジができます。

収納方法によっては、散らかって見えてしまうので、扉タイプ・引き出しタイプに比べると収納の難易度は上がってしまうかもしれません。

<オープンタイプにオススメの収納方法>

衛生面には気を配ろう!清潔に保つ工夫を

<扉タイプにオススメの収納グッズ>

キャスター付きラック、かごなど

実践!収納グッズ活用方法

img-article-76-02

ここまで、シンク下収納のポイントやタイプについて、ご説明してきました。

ここからは実践編です。先ほどタイプ別でご紹介した収納グッズを活用して、スッキリしたシンク下収納を作っていきましょう。

扉タイプ

大きな空間を持て余さないために、『コの字型ラック』と『トレー』を活用していきましょう。

はじめに、シンク下収納のサイズにあったコの字型ラックを設置します。コの字型ラックを設置して、空間を縦に区切りましょう。ラックを選ぶ際には、高さや幅が調節できるものや、重ねて使用できるものがオススメです。また、シンク下収納の中に仕切り棚がある場合は、吊り下げタイプを使ってみるのもよいかもしれません。

次に、ラックの上に、ラックより一回り小さいくらいのトレーを置きましょう。トレーを置くことで、その上に乗せたものをスライドして取り出せるようになるので、使い勝手がよくなります。

ラックに乗せるものは、上段に軽いもの、下段に重いものが鉄則です。下段は重さのあるホットプレートや土鍋、中段はボウルやザル、上段は高さがあまりなくて軽量のストック品や、掃除用品などを入れると良いでしょう。

引き出しタイプ

引き出しタイプのシンク下収納では『ファイルボックス』を使って、整頓された空間を作っていきます。
引き出しサイズに合ったファイルボックスを用意しましょう。購入前にきちんと引き出しの内寸を計り、ピッタリ合うものを選びます。引き出し内にデッドスペースを生み出さないようにするのが鉄則です。

ファイルボックスを使えば、鍋や食器、調味料といったものを立てて収納できるので、見やすく取り出しやすい収納スペースを作ることができます。

また『突っ張り棒』を使って定位置を作ってあげるのもよい方法です。突っ張り棒は扉の近くに設置すれば、簡単に隙間収納ができます。鍋蓋やゴミ袋などをしまうのにぴったりです。

オープンタイプ

オープンタイプは見せる収納になります。

収納には『キャスター付きラック』を使うと便利です。ラックにはよく使う食器などをカゴにまとめて入れて、おしゃれなキッチンクロスをかけるだけでインテリアにもなります。アイディアひとつで印象が変わるので、こだわりのある方にはオススメなのですが、収納面では難易度が高く、満足のいく収納は期待できないかもしれません。

ゴミ箱を設置する方が多いのですが、こちらもやはりキャスター付きで簡単にお掃除ができるようにすると良いでしょう。

今回ご紹介した内容は、下記のページでより詳しく解説しています。シンク下収納に興味のある方、使い勝手の良いキッチン収納を目指している方は、ぜひご覧ください。

デッドスペースを作らない!シンク下収納の徹底活用術
シンク下、吊戸棚…キッチンの場所別収納アイデア5

最後に

毎日使うキッチンは、快適に使えることが何よりも大切です。

「収納スペースが足りなくて、無理やり押し込んでしまっている」
「モノを出し入れしているだけなのに、周辺のモノが崩れて散らかる」

といった収納下手によって生み出されるストレスをなくすためにも、ご家庭のシンク下収納を今一度見直してみてはいかがでしょうか。

キッチン収納ブック

関連記事

一覧へ戻る